ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年08月01日 10時30分 公開

HP、プリンタの脆弱性情報に報奨金 業界初のバウンティプログラムを実施

最大1万ドル(約110万円)の賞金をかけて脆弱性情報を募ることで、「世界一安全なプリンタ」を追求する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米HPは2018年7月31日(米国時間)、プリンタを対象とした業界初のバグバウンティプログラムを発表した。最大1万ドル(約110万円)の賞金をかけて脆弱(ぜいじゃく)性情報を募ることで、「世界一安全なプリンタ」を追求する。

Photo HPは、プリンタを対象とした業界初のバグバウンティプログラムを実施する

 HPのバグバウンティプログラムは、クラウドソーシング型オフェンシブセキュリティ企業の米Bugcrowdを通じて実施する。研究者が発見した脆弱性はBugcrowdに報告し、同社で内容を検証。程度に応じて最大で1万ドルの賞金を支払う。

 Bugcrowdの報告書によると、プリンタなどのエンドポイントを狙う攻撃は増加傾向にあり、過去1年で報告された脆弱性の件数は業界全体で21%増加したという。

 HPはエンドポイントセキュリティに関する解説記事の中で、「エンドポイントはデータとリソース防衛の最前線にある」と位置付け、そうしたデバイスのファームウェアに対する攻撃が増えていると指摘。攻撃を受ければシステム全体を制御される恐れもあると警鐘を鳴らしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.