ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年08月01日 17時57分 公開

Alexaの代わりに「AIアナウンサー」がニュース読み上げ SpecteeがAPI提供

Amazon EchoなどでAlexaの代わりに「AIアナウンサー」が音声を読み上げるためのモジュールを、AIベンチャーのSpecteeが開発。Alexaスキルを開発する事業者向けに提供を始める。

[ITmedia]

 Amazon Echoなどのスマートスピーカーで、Alexaの代わりに“AIアナウンサー”が音声を読み上げる仕組みを開発したと、AIベンチャーのSpectee(東京都新宿区)が8月1日に発表した。同日からAlexaスキルを開発している事業者向けにAPIを有償提供する。

photo

 同社が手掛けるバーチャルアナウンサー「荒木ゆい」を活用する。実際にアナウンサーが読み上げたニュースの音声約10万件を、Specteeの人工知能(AI)エンジン「Spectee AI」に学習させて開発した。

photo AIアナウンサー「荒木ゆい」

 利用する事業者は、開発しているAlexaスキルにAPIを組み合わせ、専用の音声サーバと接続することで、荒木ゆいの声でニュースなどを読み上げるようにできる。

 Alexaでは読み上げるのが難しかった人名や地名、日本語特有のアクセントやイントネーションなどにも対応し、より聞きやすい音声で情報を発信できるという。利用額は「要相談」(同社)としている。

 既に家電量販店を運営するエディオンのAlexaスキル「ハローエディオン」がAPIを活用している。1日3回のニュースの読み上げを、荒木ゆいの音声で行う。読み上げるニュースは政治、経済、スポーツなど8ジャンル。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.