ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年08月02日 15時50分 公開

夏コミ「熱中症対策講座」公開 「コミケ雲再来が懸念される」今年の暑さに備え

コミックマーケット準備会は、8月10〜12日に開催する夏コミ(C94)参加者に向け、熱中症の対策をまとめてWebで公開した。「4〜5日前から体を暑さに慣れさせる」など具体的な対策をまとめている。

[ITmedia]

 コミックマーケット準備会は8月1日、10〜12日に開催する夏コミ(C94)参加者に向けて、熱中症の対策をまとめてWebサイトTwitterで公開した。「4〜5日前から体を暑さに慣れさせる」「朝食をしっかり摂る」「定期的に水分を取る」など具体的な対策をまとめている。

画像 コミケ準備会公式サイトより

 準備会は「コミックマーケット準備会救護室のDr.Pによる熱中症対策講座(C94版)」として、公式Twitterを通じて熱中症対策を呼び掛けた。

 「今年は7月の暑さが大変厳しく、コミケ雲が発生した2013年夏の再来が懸念されている」と指摘。「コミケ雲」とは、コミケ来場者の汗などが水蒸気になり、会場の天井付近に白い霧のようなものが発生する現象で、暑かった年の夏コミで観測されている。

 Twitterでは、コミケカタログに載っている熱中症対策のページを公開し、その内容を説明。「4〜5日前から体を暑さに慣れさせる」(数十分の散歩)、「朝食をしっかり摂る」「定期的に水分を取る」(30分から1時間おき)、「発汗対策に塩分も持参する」「風通しの良い服、つばの広い防止を着用」など具体的な対策をまとめている。

 また、過去の夏コミについて、救護室利用状況の年齢別データや、熱中症発症率データも公開。20代の救護室の利用が多く、その日の気温によって熱中症の発症率が大きく異なることなどが分かる。

 飲料は会場内や会場周辺でも販売するが、「混雑が予想されるので、来場に当たっては、まずは、近隣以外での水分の調達を強くお願いします」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.