ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年08月03日 13時20分 公開

ロードレース中継映像、AIで選手を自動識別 98%の精度でリアルタイムに 東芝が開発

ロードレース中継のカメラ映像に映っている選手を、画像認識AIを使ってリアルタイムに検出・追従する技術を東芝などが開発。ユニフォームやゼッケンなどの特徴を基に所属チーム名も認識する。

[ITmedia]

 東芝と東芝デジタルソリューションズは8月2日、ロードレース中継のカメラ映像に映っている選手を、画像認識AIを使ってリアルタイムに検出・追従し、ユニフォームやゼッケンなどの特徴を基に所属チーム名も認識する技術を、日本テレビ放送網と共同で開発したと発表した。実証実験では、98.1%の精度で所属チーム名を正確に識別できることを実証したという。

画像 ニュースリリースより

 選手の上半身と顔を同時検出し、その両方を使って追従するため、顔が見えないシーンでも高精度で選手を追従できるという。また、検出・追従した各選手のユニフォーム・ゼッケンなどの特徴を基にチーム名を認識する際は、事前に暗い画像やぼやけた画像も学習させることで、人が見て認識しづらい映像でもチーム名を高精度に特定可能にした。

 選手と観客を区別して抽出するロードレース向けの観客矩形フィルタリング技術も開発し、認識精度を向上させるとともに、処理時間を削減。1秒ごとの動画単位で画像を認識し、処理結果を記録するフローを採用することで、リアルタイムの画像認識が可能になったという。

 同技術により、映像から特定のチームや選手を自動で抽出したり、追い越しシーンなどレース中の見どころを自動で抽出するといった映像の解析や編集作業を自動でき、手作業に頼っていたロードレース番組制作の人的負荷を大幅に軽減できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.