ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年08月05日 08時15分 公開

Googleマップの現在地共有で相手のバッテリー状況が表示されるように

Googleマップのユーザー同士のリアルタイム現在地共有機能で、相手の端末のバッテリーの残量や充電状況が表示されるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの「Googleマップ」の現在地共有機能で、現在地を共有している相手の端末のバッテリー容量がパーセンテージで表示されるようになった。

 maps 1 現在地共有相手の端末のバッテリー表示

 米Android Policeが8月2日(現地時間)に報じたもの。本稿筆者の端末でも日本時間の5日に確認できた。

 充電中かどうかも分かる。例えば待ち合わせ中の相手のバッテリーが切れそうであればメッセージにすぐ返事がこなくてもいらいらしないかもしれない。逆に、メッセージしなかった言い訳に「バッテリーが切れそうだったもので」とうかつに言えなくなりそうだ。

 Googleマップでの現在地共有は、昨年3月に復活した。Googleアカウントを持っているユーザー同士であれば、アプリの[≡]→[現在地の共有]→[ユーザーを追加]で期間を指定して共有できる。共有するにはお互いの承認が必要であるなど、プライバシーへの配慮はかつての「Latitude」より改善されている。

 maps 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.