ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年08月10日 16時49分 公開

「Kindleインディーズマンガ」開始1カ月で100万ページ以上読まれる

アマチュアの漫画家が「Kindleストア」で作品を無料公開できるサービス「Kindleインディーズマンガ」で、7月5日の開始から1カ月間に読まれたページ数が累計100万ページを超えた。

[ITmedia]

 Amazon.co.jpは8月10日、アマチュアの漫画家が「Kindleストア」で作品を無料公開できるサービス「Kindleインディーズマンガ」で、7月5日の開始から1カ月間に読まれたページ数が累計100万ページを超えたと発表した。作品の累計ダウンロード数も「数十万回」に上ったという。

画像

 Kindleインディーズマンガは、「Kindleダイレクト・パブリッシング」(KDP)に登録すれば自作の漫画を公開できるサービス。作品は、プロ漫画家の人気作品と並んでKindleストアに掲載され、人気作者には「インディーズ無料マンガ基金」を通じて分配金が支払われる。

 アマゾンジャパンによると7月、インディーズマンガのうち13作品が、Kindleストア無料マンガデイリーダウンロード数ランキングで20位以内に入ったという。「クラスメイトが悪霊退治してた話」(作:若林稔弥)、「危ダクション〜呉井くんが宇宙人だと私だけが知っている〜」(作:一智和智)の2作品は1位を獲得。ランキング上位の作品はそれぞれ数万回ダウンロードされたという。

 反響を受け、「インディーズ無料マンガ基金」の8月の分配金を7月の1.5倍となる300万円以上に上げた。8月は上位20人に分配金を支払ったが、8月はより多くの作家に分配金を提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia NEWS TV配信中!