ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年08月31日 16時09分 公開

YouTube、“動画で募金”支援ツール「YouTube Giving」提供開始

YouTubeが、クリエイターや非営利団体自体が動画を通じて募金するためのツール「YouTube Giving」の提供をまずは北米で開始した。視聴者は「Donate」ボタンのタップで支援したい団体に寄付できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは8月30日(現地時間)、クリエイターや非営利団体が動画を通じて募金するためのツール集「YouTube Giving」を発表した。まずは北米の個人クリエイターおよび一部の非営利団体を対象にβ版として提供を開始した。

 「Fundraisers(β)」は、動画あるいはライブ配信画面に「Donate(寄付)」ボタンを設置し、視聴者がそのボタンをタップすることで手軽に寄付できるようにするツール。動画のキャンペーンに賛同した視聴者は、その場ですぐに寄付できる。

 youtube 1 モバイルYouTubeアプリのDonateボタン

 寄付の手数料はすべてYouTubeが負担するので、寄付金の100%が非営利団体に送金される。寄付した視聴者の情報はクリエイターにも団体にも送られることはなく、寄付に使ったクレジットカードの明細には「Network for Good」(米寄付者助言型基金)または「Charitable Giving」と表記される。

 「Community Fundraisers(β)」は、複数のクリエイターや非営利団体が同じ募金活動を行うためのツール。募金活動に参加するクリエイターの動画に募金状況を同時に表示し、総額が反映される。

 例えば小児がん啓発月間である9月に、セント・ジュード小児研究病院と12人のゲーミングユーチューバーが、総計3700万人以上のチャンネル登録者と協力してYouTube上で特別イベント「St. Jude PLAY LIVE」を開催する。


 また、クリエイターへの“投げ銭機能”「Super Chat」の投げ銭をクリエイターにではなく、クリエイターが支援する非営利団体に送金する機能「Super Chat for Good」も追加された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.