ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年09月12日 13時15分 公開

レクサス、新型セダンでサイドミラーを廃止 カメラに置き換え 量産車で世界初

レクサスの新型セダン「ES」は、カメラで撮影した左右後方の映像をディスプレイに表示する世界初のデジタルミラーを搭載する。

[山口恵祐,ITmedia]

 トヨタ自動車は9月12日、高級車ブランド・レクサスから10月下旬に発売する日本向けの新型セダン「ES」に、カメラで撮影した車両左右後方の映像を車内のディスプレイに表示する「デジタルアウターミラー」を採用すると発表した。量産車では世界初(同社調べ)。

photo 「デジタルアウターミラー」

 フロントドア外側にある従来のサイドミラーを小型カメラに置き換えた。映像は車内左右前方に備える5インチディスプレイに常時表示し、ウインカー操作や後退時には自動で表示エリアが拡大する。

photo

 カメラ部分にはヒーターを搭載し、雨などの水滴が付きにくい形状で天候の影響を受けにくくした。サイドミラー部分が小型化することで斜め前方の視界が従来に比べて拡大し、風切り音も低減するという。

photo 車内左右前方に5インチのディスプレイを備える
photo 5インチのディスプレイ
photo 従来ミラーとの比較
photo 従来ミラーとの比較(後退時)
photo 「デジタルアウターミラー」のカメラ部分
photo 斜め前方の視界が拡大する
photo 10月下旬に発売する日本向けの新型セダン「ES」
photo ウインカー点灯時

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.