ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年09月12日 15時33分 公開

初の8Kチューナー、シャープが開発 HDMIケーブル4本で接続

12月に本放送が始まる新4K/8K衛星放送に対応する「8Kチューナー」の開発をシャープが表明した。録画に対応するかは「未定」(同社広報)。

[ITmedia]

 シャープは9月12日、12月に本放送が始まる新4K/8K衛星放送に対応した「8Kチューナー」の開発を表明した。放送開始に合わせて11月下旬に発売する計画で、NHKのBS 8Kチャンネルを視聴できる初の民生機となる。価格など詳細は決まっていない。

シャープの「8Kチューナー」

 BS 8K、BS 4K、110度CS 4Kチューナーを2基搭載。HDDは内蔵せず、外付けHDDへの録画に対応するかは「未定」(同社広報)という。2017年12月に発売した同社の8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」(LC-70X500)に合わせ、8K(7680×4320ピクセル)映像をHDMIケーブル4本を使って伝送する仕様になっている。

2017年12月に発売した「AQUOS 8K」(LC-70X500)
LC-70X500の8K入力部。HDMI端子を4つ使用する

 外形寸法(暫定値)は430(幅)×243(奥行き)×58(高さ)ミリ。HDMIコントロール機能の「AQUOSファミリンク」に対応し、付属のテレビ兼用リモコンで8Kテレビも操作できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.