ITmedia NEWS >
レビュー
» 2018年10月01日 10時48分 公開

前代未聞の“巨大コンパクトカメラ” ニコン「P1000」で月を狙う (1/5)

いやもうデジカメ史上もっとも荒唐無稽、といっても過言じゃないカメラが発売されたのである。巨大なコンパクトカメラ、ニコンの「P1000」。125倍ズームである。

[荻窪圭,ITmedia]
望遠端まで伸ばしたニコン「P1000」(ちなみにレンズフードも付属します)。モデルの子もつい笑っちゃうレベルでありました

 いやもうデジカメ史上もっとも荒唐無稽、といっても過言じゃないカメラが発売されたのである。荒唐無稽の前に前代未聞空前絶後超弩級とつけてもいいくらい。まあ突出した個性を持つ……どころか思い切り突き破ってるカメラである。

 それが巨大なコンパクトカメラ、ニコンの「P1000」。

 そもそも前モデルからして、トンデモなかったのだ。ほとんどのメーカーが50倍だ60倍だと競ってる中でいきなり85倍ズームが登場した。それが「P900」で、2015年3月のこと。

 その後、コンデジ市場の低迷ともに超高倍率ズーム機も下火になり、P900の後継機も出ないので、もうこのジャンルも終わるのだろうかと思いきや、うちはまだ忘れていませんよとばかりにP1000がやってきたのだ。

 85倍でもトンデモなかったのに、とうとう100倍超の125倍ズームである。もはや荒唐無稽といっていいレベル。それでいったい何が撮れるのか。

とんでもないカメラ。彼女と手と比べても大きさが分かる

3000mmってどのくらいデカく撮れるの?

 P1000は巨大なボディを持つコンパクトカメラ。いやどこもコンパクトじゃないのだけど、レンズ一体型カメラを業界ではまとめて「コンパクトカメラ」と称しているのだからしょうがない。

 巨大さのほとんどはレンズ。24-3000mm相当の125倍。イメージセンサーは1/2.3型で1600万画素と普及型コンデジのものなのだが、レンズの実焦点距離が望遠側で539mmもあるのだからレンズがデカいのも当然なのである。

 重さは約1.4キログラム。ちなみに1型センサー搭載のハイエンド25倍ズーム機であるソニーの「RX10M4」が1キログラムちょっとだからそれより重い。

 女子が抱っこすると似合うデカさだ。

抱きかかえる姿が似合うカメラかも

 で、実際125倍ズームってどのくらいなのか。数字がデカすぎてピンとこないであろうから最初にいつものガスタンクから。

鮮やかできれいな写り。ディテールを見るとコンデジだなあと思うけど、24mm相当でこれだけ撮れれば文句なし(24mm相当 1/2000秒 F4 ISO100)

 で、これをズーミングしていく。

上が300mm相当。このくらいなら普通の望遠コンデジでも余裕。下が1500mm相当。ちなみにP900は2000mmだったのでもうちょっと上

 そしてこれが3000mm相当の超望遠だ。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.