ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2018年10月04日 13時45分 公開

ソフトバンク、トヨタと提携 モビリティー事業で新会社

トヨタとソフトバンクが自動運転車を使った配車サービスなど、モビリティーサービスの提供を見据えた新会社を共同出資で設立する。

[山口恵祐,ITmedia]

 トヨタ自動車とソフトバンクは10月4日、新しいモビリティーサービスの構築に向けた新会社「MONET Technologies」(モネ テクノロジーズ)を共同で設立すると発表した。両者のプラットフォームを連携させて、配車サービスや自動運転技術を使った新事業で協業する。

photo

 2018年度中に事業を始める。まずは全国の自治体や企業に向けて、地域連携型の配車サービスや企業向けシャトルサービスなどを展開する。2020年代半ばまでには、トヨタがモビリティーサービス向けとして開発中の多目的電気自動車(EV)「e-Palette」(イーパレット)の商業化につなげたい考え。

 トヨタが構築したコネクティッドカーの情報基盤「モビリティサービスプラットフォーム」(MSPF)と、スマートデバイスやセンサーデバイスなどから集めたデータを分析するソフトバンクの「IoTプラットフォーム」を組み合わせる。過疎地の配達や日用品の購入サービスなど「社会課題の解決や新たな価値創造を可能にする未来のMaaS(Mobility as a Service)事業を開始する」(同社)という。

photo

 新会社を設立した経緯について、トヨタの友山茂樹副社長は「自動運転車を活用したモビリティーサービスの普及には、車両の製造者であるトヨタと(Uberなど)さまざまなモビリティーサービス事業者の間に立つ、第三の事業者が必要になる」と説明する。半年ほど前からトヨタとソフトバンクの若手メンバーでワーキンググループを発足し、検討を進めていたという。

 ソフトバンクの宮川潤一副社長は、「ソフトバンクとトヨタで異色の組み合わせに見えるかもしれない。しかし、世界にはさまざまな競合がいる。日本連合として打って出たい」と話した。

 MONET Technologiesの代表取締役兼CEOはソフトバンクの宮川副社長が務める。資本金は20億円で、ソフトバンクは50.25%、トヨタが49.75%を出資する。

photo 左からソフトバンクの宮川潤一副社長、ソフトバンクグループの孫正義社長、トヨタ自動車の豊田章男社長、友山茂樹副社長

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.