ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月07日 08時54分 公開

「Windows 10 October 2018 Update」提供が一時停止に(ファイル消失報告受け)

Microsoftが10月2日にスタートした「Windows 10 October 2018 Update」の提供を6日に停止した。複数のユーザーが、OSのアップデート後に「ドキュメント」フォルダ内のファイルが消失したと報告したため。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月6日(現地時間)、2日に開始した「Windows 10 October 2018 Update」の提供を一時的に停止した。アップデート後に幾つかのファイルが消えたというユーザーからの報告について調査するためとしている。

 update 1 Windows 10の更新履歴の「既知の問題」欄での告知

 Microsoftのコミュニティには5日に、「バージョン1809へのアップデートは問題なく完了したが、「ドキュメント」フォルダ内のファイルがすべて消えてしまった。バックアップはとっていたが、これは非常に問題だ」という投稿があり、「同じ質問がある」の数は本稿執筆現在369件に上る。

 update 2 「ドキュメント」フォルダ内のファイルが消えたという報告

 Windows 10の大型アップデートは、前回の「April 2018 Update」からAIを採用した手法を使っており、安全なアップデートが可能だとAIが判断した端末からアップデートを提供している。だが、MicrosoftのWindowsのダウンロードページから最新のWindowsを手動でダウンロード・インストールすることも可能だ。だが、このページも本稿執筆現在、最新バージョンはApril 2018 Updateに戻されている。

 update 2 10月5日時点ではOctober 2018 Updateがダウンロード可能だった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.