ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月23日 14時39分 公開

髪が勝手に巻き付く“くるくるドライヤー”、ダイソンが発売 

ダイソンがヘアドライヤーの新製品「エアラップ」を発売。コアンダ効果を応用し、手を動かさなくても髪が勝手にカーラーに巻き付くという。

[ITmedia]

 ダイソンは10月23日、ヘアドライヤーの新製品「Dyson Airwap(エアラップ)スタイラー」を発売した。コアンダ効果を応用し、手を動かさなくても髪が勝手にカーラーに巻きつく。同日からダイソンの直営店や公式オンラインストアなどで販売する。価格は5万9400円(税込)から。

髪が巻き付く

 コアンダ効果は、高速・高圧の気流が、近くにある物体の側面に沿って流れを変える現象のこと。エアラップのカーラーでは、0.6ミリ幅のベント(通気孔)から吹き出した風がカーラーの表面に沿って回転する気流になる。髪を近づけると気流に引き寄せられ、らせん状に巻きつく仕組み。

コアンダ効果の実験。通常は吹き出し口の先にある白い風車が回るが円形の障害物を近づけると風の向きが大きく変わり、奥にある緑色の風車が回り出す
付属のカーラー。表面にある矢印の方向に風が出る。方向は一定のため、各サイズに左用、右用の両方が付属する

 ブロー用のブラシにもコアンダ効果を応用した。一般的な製品ではブラシの正面に向けて風が出るのに対し、エアラップでは髪をとかす際にブラシの上から下に空気が流れる。これにより髪が乱れず、熱に頼らなくても短時間でまとまりやすいという。

ブラシの進行方向に向けて温風が出る

 来日したDysonのヴェロニカ・アラニス氏(アドバンスド インサイト エンジニア)は、「これまで髪のスタイリングは事前に髪を乾かす必要があったが、エアラップは湿った髪を乾かしながらスタイリングするツール。センサーで毎秒最大40回も温度の測定と調整を行うため、過度な熱に髪がさらされることはない」と話している。

Dysonのヴェロニカ・アラニス氏とジェイク・ダイソン氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.