ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月30日 13時08分 公開

動画投稿サービス「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」始動 クリエイター200人が月500本超を無料公開

ヤフーが動画投稿プラットフォーム「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」を開設。約200人のクリエイターが参加し、月500本以上の動画を投稿する。

[ITmedia]

 ヤフーは10月30日、動画投稿プラットフォーム「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」を開設した。SNSで有名なインフルエンサーなど約200人が参加し、月500本以上の動画を投稿するという。投稿動画は「Yahoo! JAPAN」のトップページやアプリ、専用Webサイトなどから無料で視聴できる。

photo 「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」
photo 参加クリエイターの例

 10分前後までのオリジナル短尺動画を投稿できるプラットフォーム。視聴は無料で、評価したりSNSでシェアしたりできる。投稿者には、SNS投稿数や内容に応じてインセンティブを付与。動画事業を手掛けるViibarなどと連携し、投稿者向けの制作マニュアルやツールも無償提供する。

 開設時点で、ガジェットブログ運営者のgori.meさん、モノマネ動画などで人気のミスターヤバタンさんなど約200人が参加。「ショートフィルム」「おもしろ/ネタ」「トレンド/カルチャー」「モノ/ガジェット」「How to」「専門マスター」の6ジャンルで、月500本以上の動画を投稿していく計画だ。

 「若年層を中心に、スマホでの短尺動画の視聴が拡大している」(同社)ことを受けてスタートした。今後は動画コンテンツのほか、テキストコンテンツや写真、イラストなどへの拡大も検討するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.