ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月30日 23時53分 公開

Apple、新型「iPad Pro」発表 USB-CとFace IDを採用、ホームボタンは廃止

米Appleが新型iPad Proを発表した。11インチと12.9インチの2モデル。

[山口恵祐,ITmedia]

 米Appleは10月30日(米国時間)、iOS搭載タブレット「iPad Pro」の新モデルを発表した。11インチと12.9インチの2モデルを用意する。iPhone同様にホームボタンと3.5ミリイヤフォンジャックを廃止し、狭額縁デザインを採用した。接続端子にはiOSデバイス初となるUSB-Cを搭載する。11月7日に発売、価格は11インチが8万9800円から、12.9インチが11万1800円(いずれも税別)から。

photo

 11インチ(2388×1668ピクセル、264ppi)モデルは、画面サイズを大型化しながら前モデルの10.5インチとほぼ同様の本体サイズを実現した。本体サイズは247.6(幅)×178.5(奥行き)×5.9(高さ)ミリ、重さは468グラム。

 12.9インチ(2732×2048ピクセル、264ppi)モデルは、画面サイズは前モデルの12.9インチと同じだが、本体サイズを小型化した。本体サイズは280.6(幅)×214.9(奥行き)×5.9(高さ)ミリ、重さは631グラム(Wi-Fiモデル)。

【訂正:2018年10月31日午前9時30分 初出時、ディスプレイ解像度の記載に誤りがありました。おわびして訂正いたします。】

photo

 いずれもiPhone Xと同様のTrueDepthカメラを搭載し、ディスプレイが水平状態のときに顔認証機能「Face ID」が使える。ユーザーの顔の表情を読み取ってキャラクターに反映するアニ文字やミー文字にも対応する。ディスプレイにノッチ(切り欠き)はない。ホームボタンが無くなったことで、指紋認証機能「Touch ID」も廃止した。

photo

 プロセッサには8コアCPUと7コアGPUを搭載する、新しい「A12X Bionic」を採用。マルチコア動作時のパフォーマンスは、前モデルのiPad Proが採用していた「A10X Fusion」と比べて90%高速化した。グラフィックス性能は「Xbox One S」クラスのパフォーマンスを発揮するという。

 接続端子のUSB-CにiPhoneやカメラなどを接続すると、そのデバイスにiPad Proから電力を給電できる。最大5Kのディスプレイに映像出力にも対応する。iPad Pro本体のSmart Connectorは側面から背面に移動した。

photo

 いずれのモデルもWi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルを用意。ストレージは全モデル共通で64GB/256GB/512GB/1TB、カラーバリエーションはシルバーとスペースグレイをそろえた。

 周辺機器として、iPad Pro本体にマグネットで取り付けられる新型「Apple Pencil」と、キーボード兼カバーの新型「Smart Keyboard Folio」を用意する。

 新しいApple Pencilは、iPad Pro本体にマグネットで装着しながらワイヤレスで充電する仕組みを採用。ペン本体をタップしたり、ジェスチャーしたりすることで、各機能を割り当てたり、ノートアプリを起動したりできるという。

photo

 新しいSmart Keyboard Folioは、iPad Pro本体を表裏の両面から保護するデザインに変更。本体を立てかけられる角度が2段階になった。

photo
photo
photo
photo

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.