ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年11月01日 15時12分 公開

KDDIと楽天が業務提携 スマホ決済・通信で

KDDIと楽天が、決済・通信などの分野で提携する。ローミング協定を結び、KDDIは楽天のケータイ事業参入を手助けする。一方、KDDIは「楽天ペイ」などの加盟店網を活用し、スマホ決済サービスを展開する。

[ITmedia]

 KDDIと楽天は11月1日、決済・通信などの分野で業務提携すると発表した。ローミング協定を結び、KDDIは楽天の携帯キャリア事業参入を手助けする。一方、楽天は「楽天ペイ」などの加盟店網を活用し、KDDIのスマートフォン決済サービス展開を支援する。

photo

 KDDIは、楽天が来年10月に始める第4世代移動通信サービス(LTE通信サービス)に対し、通信ネットワークを提供するローミング協定を締結した。楽天はサービス開始当初から日本全国でLTE通信サービスの提供が可能になる。

 提供期間は2026年3月末までとし、その間、楽天が自前でのネットワーク構築を進める。完成した地域から順次、自前ネットワークに切り替える方針だ。

 一方、楽天は「楽天ペイ」などの決済プラットフォーム、加盟店網をKDDIへ提供。KDDIは、楽天が抱える全国約120万カ所の加盟店などを生かし、バーコードやQRコードを使ったスマホ決済サービス「au PAY」を来年4月から順次始める。

 さらに楽天は、KDDIが運営するショッピングモール「Wowma!」(ワウマ)に対し、楽天の物流サービスを来年4月から順次提供する。「効率的な物流・配送サービスを実現し、国内EC市場の健全な持続的発展を目指す」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.