ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年11月02日 12時15分 公開

「メルカリ カウル」1年半で終了 本などに特化したフリマアプリ、メルカリに統合

メルカリは、本やCDなどの取り引きに特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」の提供を12月17日に終了する。バーコードを読み取って簡単に出品できる機能などはメルカリに追加済みだ。

[ITmedia]

 メルカリは11月2日、本やCDなどの取り引きに特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」(iOS/Android)の提供を12月17日に終了すると発表した。バーコードを読み取って簡単に出品できる機能や新刊書籍の販売など、メルカリ カウルの機能の大部分が「メルカリ」にも追加されたため、メルカリに一本化する。

画像 App Storeより
画像 取り引きランキング(「メルカリ カウル」「メルカリ」から「バーコード出品」機能を利用して出品された商品のうち、各カテゴリで最も取引数が多かった上位5タイトル)

 メルカリ カウルは、本やCD、DVD、Blu-ray Disc、ゲームなど「エンタメ・ホビー」カテゴリに特化したアプリとして2017年5月にサービスを開始。商品のバーコードを読み取ると、タイトルや定価、売れやすい価格などの情報を自動で提案する機能が目玉だったが、この機能は18年6月にメルカリにも実装された。

 終了にあたり、各カテゴリーで最も取り引きされた商品のランキングを発表した。本は「大家さんと僕」(矢部太郎著)、漫画は「ONE PIECE 巻89 BADEND MUSICAL」(尾田栄一郎)、CDは「初恋」(宇多田ヒカル)、DVDは「アナと雪の女王」、ゲームは「モンスターハンター:ワールド」(PlayStation 4)となっている。

 メルカリは新サービスを相次いでリリースする一方、サービス終了の判断も早い。今年に入って、即時買い取りサービス「メルカリNOW」、勉強や趣味などのレッスンをユーザーが登録し、学びたいユーザーが購入・受講できるアプリ「teacha」、地域コミュニティーアプリ「メルカリ アッテ」などを終了している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.