ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年11月06日 11時35分 公開

言論の自由を掲げるSNS「Gab」復活 アレックス・ジョーンズ氏も投稿

米ドメイン管理業者のGoDaddyからサービスを停止され、閉鎖していたSNSのGabがドメイン管理業者Epikが受け入れたことで復活した。TwitterやFacebookから締め出された陰謀論者のアレックス・ジョーンズ氏も投稿している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 銃撃事件の容疑者の投稿を許していたとして非難され、さまざまなインフラ企業から締め出されていた米SNSのGabが復活した。

 gab 1 復活したGabの画面
 gab 3 Gabの新しいロゴ

 Gabは、ドメイン管理業者の米GoDaddyにサービス提供を停止されて10月29日に閉鎖したが、別のドメイン管理業者、米Epikが11月3日に受け入れを発表し、再開が可能になった。ロゴが従来のカエルの顔から平和の象徴であるオリーブの枝を加えた鳩の絵に変わった。

 Epikのロバート・モンスターCEO兼会長は発表文で、「インフラ企業によるGabの締め出しについて自分で調査し、Gabのアンドリュー・トルバCEOにも直接会った。(中略)私はアンドリューが責任あるSNSの幹事として成長していくと確信した」とし、「Gabが正しい道を進み、この自由を万人のための啓発に使うことを希望する」と語った。

 Gabには一般的なSNSと同様に、ペットや食べ物、政治など様々なテーマについて語り合うグループがある。Politicsグループには、アレックス・ジョーンズ氏の極右サイトInfowarsの移民受け入れ反対記事へのリンクや、ジョーンズ氏自身による投稿、反ユダヤ的な発言が目立つ。

 gab 2 アルジャジーラの1年前の動画を紹介する反ユダヤ的な投稿

 ジョーンズ氏もFacebookやTwitter、YouTubeなどから締め出されている。

 なお、Gabのグッズ販売コーナーはまだ復活していない。米PayPalや米Stripeなどのオンライン決済サービスがサービスを打ち切ったためだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.