ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年11月07日 11時38分 公開

世界初「窓の基地局化」に成功 ドコモなど「ガラスアンテナ」開発

既存の窓ガラスに貼れる「ガラスアンテナ」をドコモなどが開発。世界で初めて“窓の基地局化”に成功したという。

[ITmedia]

 NTTドコモと、ガラス事業などを展開するのAGCは11月7日、世界で初めて“窓の基地局化”に成功したと発表した。既存の窓ガラスに貼れる、電波の送受信が可能な「ガラスアンテナ」を共同開発。景観を損ねずに基地局を設置できるとしている。2019年上期からLTEの基地局向けに展開を図るほか、5G対応アンテナの開発も検討する。

画像 ガラスアンテナのイメージ(ニュースリリースより)

 透明な導電材料とガラスを組み合わせて開発したアンテナで、窓ガラスに室内側から貼って使う。AGCが保有する、既存窓の表面にガラスを貼り付ける「アトッチ工法」を採用し、窓ガラスを通過した際の電波の減衰・反射を抑える「Glass Interface Layer」技術を新開発して搭載した。

 トラフィックを分散させるスモールセル基地局は、設置できる場所が限られたり、景観を損ねることから設置が困難なケースも多かった。ガラスアンテナなら目立ちにくく、景観や室内デザインを損なわずに設置できるとしている。

 ガラスアンテナを搭載した基地局は、TDD-LTE方式、3.5GHz帯(BAND42)に対応し、帯域幅は40MHz、下り変調方式は256QAM、最大スループットは588Mbps、4×4MIMOに対応する。サイズは700×210ミリ、重さは1.9キロ(ケーブル、既存ガラスへの取り付け部材、付属品は除く)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.