ITmedia NEWS >
レビュー
» 2018年11月08日 17時46分 公開

新MacBook Airをチェックして分かった「左側面はProに近い」 (1/2)

新しいMacBook Airを詳細チェックしたら分かったこと。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが発売を開始した「MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018) 」をチェックしてみた。

photo MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)

 IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ、2560×1600ピクセル(227ppi)、数百万色以上に対応している。

 カバーを開く、電源に接続する、キーボードのいずれかのキーを押すのどれかを行うことで起動する。

 MacBook Air (13-inch, Mid 2011)で採用されたMulti-Touchトラックパッドと比較して20%広くなり、圧力感知機能を搭載した感圧タッチトラックパッドに変わった。

photo 感圧タッチトラックパッド

 強めのクリック、加速操作、感圧スケッチ、Multi-Touchジェスチャーが利用可能。

 バタフライ構造を採用したキーボードを採用し、従来のシザー構造よりもキーの安定性が4倍向上している。

photo バタフライ構造キーボード

 さらに、環境光センサーを組み込んだ独立型のLEDバックライトキーにより、十分な明るさがない環境でもタイピングできる。

 MacBook (Retina, 12-inch, 2017) のキーボードと比較して、ファンクションキーサイズ以外は同じキーサイズだ。

 左側面は、これまでのMagSafe 2電源ポート、USB 3ポート、3.5mmヘッドフォンジャック、デュアルマイクロフォンだったのが、Thunderbolt 3ポート×2だけに変わった。

photo MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018) の左側面

 キーボードの左端にある微細孔下に3つのマイクが配列されている。

 Thunderbolt 3接続対応MacBook Pro用の「HyperDrive Thunderbolt 3 USB-C Hub for MacBook Pro」が接続可能か試してみたところ、問題なく接続することができた。このドックは2つのThunderbolt 3ポートに差して使用するため、2つのポートの位置がMacBook Proと同じでないと抜き差しできない。

photo HyperDrive Thunderbolt 3 USB-C Hub for MacBook Proは新MacBook Airにもぴったり

 Thunderbolt 3ポートのピッチは、MacBook Proと同じだと確認できた。

 右側面は、これまでSDXCカードスロット、USB 3ポート、Thunderbolt 2ポートだったのが、3.5mmヘッドフォンジャックのみになった。

photo MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018) の右側面

 ステレオスピーカーは音量がアップしている。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.