ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年11月09日 17時45分 公開

ソフトバンク、基地局のカメラ映像を配信 防災・報道用に

ソフトバンクが、基地局のカメラ映像を配信するサービスを始める。官公庁や報道機関に提供し、防災や報道に役立ててもらう考えだ。

[ITmedia]

 ソフトバンクは11月9日、携帯電話の基地局を活用した映像配信サービス「スマート情報カメラ」の提供を2019年春に始めると発表した。ソニービジネスソリューション製のネットワークカメラを基地局に設置し、官公庁や報道機関などにリアルタイム映像を配信する。河川や火山の監視、渋滞状況の把握などの活用を見込む。

photo

 企業ごとのニーズに応じてカメラを設置し、映像を1社で専有できるプランと、あらかじめ全国の基地局に設置したカメラのラインアップを選び、複数の企業間で映像を共有するプランを用意。専有プランから提供し、準備が整い次第、共有プランも提供する。

 専有プランではフルHD(1920×1080ピクセル)の映像を提供し、利用する企業がWebブラウザ上で映像を確認したり、カメラを操作(パン、チルト、ズーム)したりできる仕組みを整える。共有プランでは、カメラ操作はできず、固定された画角の映像のみ提供する予定だ。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.