ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年11月30日 12時07分 公開

「ヤフオク!」偽物対策にスパコン「kukai」のディープラーニング活用、検知精度3.1倍に

「ヤフオク!」の偽物出品対策に11月から、スーパーコンピュータ「kukai」を活用したディープラーニングを導入。従来と比べ、偽物出品の検知精度が約3.1倍に向上すると見込んでいるという。

[ITmedia]

 ヤフーは、「ヤフオク!」の偽物出品対策に11月から、独自開発のスーパーコンピュータ「kukai」を活用したディープラーニングを導入したと発表した。従来と比べ、偽物出品の検知精度が約3.1倍に向上すると見込んでいるという。

画像

 1000万件以上の取引データとkukaiを活用し、「偽物出品検知AI」を新たに開発した。このAIは、出品完了後数秒以内に、出品物が偽物である確率を判定。確率が高いと判定した場合、優先的に人手による削除の検討に移る。

 実際の出品情報50万件を使って判定を行ったところ、従来の機械学習を用いた不正出品検知システムと比較して、検知精度が約3.1倍に向上したという。

 新たな検知モデルを構築する場合も、これまで利用していたGPUサーバを使うと約110時間かかる想定が、kukaiを使えば処理速度が約70倍になり、約1時間半で完了したという。検知モデルの更新頻度を飛躍的に向上させられ、新たなパターンの偽物出品にも迅速に対応できるとしている。

 ヤフオク!では、2005年から機械学習を使った不正出品検知システムを導入しているほか、ユーザーからの通報も活用した人手による24時間365日パトロール、知的財産権の権利者との連携制度「知的財産権保護プログラム」の運用などを行ってきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.