ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2018年12月05日 08時57分 公開

Google、オープンソースのAndroid/iOSアプリ開発SDK「Flutter 1.0」リリース

Googleが、2月にβ版を公開したオープンソースのAndroid/iOSアプリ開発SDKの正式版「Flutter 1.0」をリリースした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月4日(現地時間)、英ロンドンで開催の開発者向けイベント「Flutter Live」で、iOS/Androidのネイティブアプリ開発用オープンソースSDKの公式版「Flutter 1.0」のリリースを発表した。Windows、macOS、Linux版を公式サイトからインストールできる。

 flutter 1 Flutterの公式サイト

 FlutterはAndroidアプリと同じ2Dグラフィックエンジン「Skia」を使用するため、UI要素はGPUレンダリングを利用できる。また、AndroidだけでなくiOSでも、32ビットまたは64ビットのARMコードにネイティブにコンパイルできる。

 Googleによると、Flutterの特徴は美しいアプリを高速に開発できることという。「stateful hot reload」により、コードベースをリロードしたり再構築せずに、アプリのデザインをリアルタイムで調整できるため、開発サイクルは3倍生産的になるとしている。

 flutter 2

 FlutterはGoogleの開発言語「Dart」の最新版「Dart 2.1」も含む。バージョン2.1ではコードサイズが小さくなり、タイプチェックが速くなった。

 開発者向けの資料はこちらにまとまっている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.