ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年12月11日 16時48分 公開

ピンボールで遊べる体組成計、タニタが開発 CES 2019に出展

体重計メーカーのタニタが、ピンボールゲームで遊べる体組成計「TANITA PINBALL」を開発した。2019年1月に米国ラスベガスで開催される「CES 2019」でコンセプトモデルを披露する。

[ITmedia]

 計測器メーカー大手のタニタは12月11日、ピンボールゲームで遊べる業務用体組成計「TANITA PINBALL」のコンセプトモデルを発表した。体組成計のグリップ部分と、接続されたディスプレイでピンボールが遊べる。2019年1月8日から米国ラスベガスで開催されるエレクトロニクス見本市「CES 2019」に出展する。

photo 「TANITA PINBALL」

 体重、体脂肪率、筋肉量など13項目の計測後、ピンボールゲームが始まる。ゲームの画面演出は計測結果で変化するため、測るたびに新たな発見があるという。体組成計にゲーム要素を加えることで継続的な健康管理を促すのが狙いだ。

photophoto ゲーム画面(左)と操作に使うグリップ(右)

 CES 2019では、クラウドファンディングで製作資金を集めたPlayStation 4用コントローラー「ツインスティック」のイメージモデルも展示する。

【編集履歴:2018年12月14日午後6時30分 初出時「ツインスティック」の表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.