ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2018年12月12日 12時24分 公開

「Firefox 64」公開 複数タブのまとめ操作やタスクマネージャー的機能など

Mozilla FoundationがWebブラウザ最新版となる「Firefox 64」を公開した。複数タブのまとめ操作やタスクマネージャー的機能などが追加された。危険度レベルが最高の「Critical」2件を含む11件の脆弱性も修正された。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは12月11日、Webブラウザ最新版となる「Firefox 64」を公開した。複数タブをまとめる機能や、タスクマネージャーのような機能などが追加された。

 firefox 0

複数タブのまとめ機能

 複数のタブを選択してまとめて移動する、閉じる、ブックマークする、ピン留めすることができるようになった。[Ctrl]キー(Macの場合はコマンドキー)を押しながらクリックしたタブがグループになり、まとめて操作できる。


タスクマネージャーのような「about:performance」

 「about:performance」は、開いているタブや拡張機能の消費電力への影響を確認できるページ。Windowsの「タスクマネージャー」のWebブラウザ版のようなものだ。

 オムニバーに「about:performance」と入力すると表示される。ツリーを展開すれば、そのタブで特に何が電力を消費しているかも確認できる。

 firefox 1 「about:performance」

RSSフィードプレビューとライブブックマークがなくなった

 RSSフィードプレビューとライブブックマークはなくなり、アドオンが必要になった。

セキュリティ関連

 このアップデートでは、危険度レベルが最高の「Critical」2件を含む11件の脆弱性も修正された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.