ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月24日 11時50分 公開

「Firefox 63」公開 トラッキングの防止機能追加、危険度最高を含む15件の脆弱性に対処

MozillaがWebブラウザ「Firefox 63」をリリースした。予告通り、Webサイトのトラッキングを防止する機能を追加。有効にすると動画広告などが表示されなくなる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Mozilla Foundationは10月23日(現地時間)、Webブラウザ最新版となる「Firefox 63」を公開した。8月に予告したWebサイトによるトラッキングの防止機能が追加された。

 firefox 1

 トラッキング防止を有効にするには、[≡]→[トラッキング防止]のスイッチをオンにする。常時トラッキングを防止するか、プライベートブラウジングでのみ有効にするか選択できる。また、一部のサイトでトラッキング防止を無効にすることも可能だ。

 firefox 2 設定

 トラッキング防止を有効にすると、アドレスバーに盾アイコンが表示されるようになる。

 firefox 3 トラッキング防止が有効になっていることを示す盾アイコン

 個別のWebサイトでのトラッキング防止を無効にするには、盾アイコンをクリックすると表示されるコントロールセンターで「このセッションのみ防止を無効にする」をクリックする。無効にすると、盾アイコンに赤い斜線が表示される。

 このアップデートでは、危険度レベルが最高の「Critical」3件を含む15件の脆弱性も修正された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.