ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月07日 14時32分 公開

CES 2019:好きなビールを切らさない シフトール、CESでクラフトビール自動補充サービスを発表 年内にサービス開始

Shiftall(シフトール)が「CES 2019」でクラフトビールの自動補充サービス「DrinkShift」(ドリンクシフト)を発表した。2019年中のサービス開始を目指す。

[ITmedia]

 Shiftall(シフトール)は1月7日、クラフトビールの自動補充サービス「DrinkShift」(ドリンクシフト)を発表した。専用のIoT冷蔵庫によりビールの残数を把握、ビールを切らさないという。1月8日(米国時間)に開幕する「CES 2019」で専用冷蔵庫の実機を展示する。

CESに出品している専用冷蔵庫の試作機。上段のショーケースに2本、下段には12本のビールを収納できる
専用アプリを導入したタブレット

 アプリで好きな銘柄を選び、届いたビールを専用冷蔵庫に収納するだけ。冷蔵庫の内部センサーでビールの残数を計測し、Wi-Fiを介してクラウドサーバに送信、消費ペースと配送に必要な日数などから逆算し、「ビールを切らさないタイミング」で追加のビールセットを自動発注する。

お気に入りのビールを選べる
自動発注の仕組み

 専用冷蔵庫は、キッチンではなくリビングルームや書斎に置くことを想定し、ペルチェ方式を採用して小型化を図った。上段は冷蔵機能付きのショーケースとし、お気に入りのビールを飾ったり、ビアグラスを冷やしたりといった使い方ができる。サイズは315(幅)×434(奥行き)×783(高さ)ミリ。

専用冷蔵庫はカラーバリエーションの展開も計画しているようだ

 Shiftallは、家電ベンチャーのCerevo(セレボ)が2018年に会社を分割し、パナソニックに売却したコネクテッドハードウェアメーカー。パナソニック出身の岩佐琢磨社長(Cerevo創業者、前CEO)が“出戻り”し、パナソニックが進める新規事業開拓の一翼を担っている。

 Shiftallは、DrinkShiftのサービスを19年中に開始する計画。国内外のクラフトビールを中心に多数の銘柄をそろえ、一般家庭やオフィス向けに提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.