ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年01月10日 15時15分 公開

ジャンプ漫画を“拾って回し読み”できるアプリ「マワシヨミジャンプ」公開

新アプリ「マワシヨミジャンプ」が公開。位置情報と連携したアプリで、マップ上で近くに表示された電子書籍を“拾って”読むことができ、読み終えた電子書籍を好きな場所に置いてほかの読者に読ませられる。

[ITmedia]

 集英社の週刊少年ジャンプ編集部は1月10日、新アプリ「マワシヨミジャンプ」を公開した。位置情報と連携したアプリで、マップ上で近くに表示された電子書籍を“拾って”読むことができ、読み終えた電子書籍を好きな場所に置いてほかの読者に読ませられる。「電車の網棚に置かれた漫画誌を手に取ることで、知らなかった作品を読んで好きになるような、かつてあった体験を、現代に新たに蘇らせたい」と企画した。

画像

 「週刊少年ジャンプ」のバックナンバーや、「ONE PIECE」「DRAGON BALL」「青の祓魔師」「僕のヒーローアカデミア」「ジョジョの奇妙な冒険」など600冊以上の電子書籍がマップ上に落ちており、1日1冊拾って読める。各電子書籍に、拾った人が感想などを投稿できる「マワシヨミ帳」が付いており、本がマップ上をどう移動し、どんな感想がたまってきたのかも確認できる。

 続きの巻をすぐ読みたくなった場合は、「コイン」を購入すると電子書籍を買って読める。電子書籍は、「ジャンプBOOKストア」や「少年ジャンプ+」と本棚連携をしており、同じアカウントで共有できる。

 ジャンプ創刊50周年を記念して行われた「ジャンプアプリ開発コンテスト」の第1期入賞企画で、受賞したミライアプリと共同で企画・制作した。「本との一期一会を通じて、新たなお気に入りの漫画を見つけてもらいたい、という編集部の願いを込めたアプリ」という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.