ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年01月11日 16時00分 公開

「世界で最も精巧な」頭部3次元CGデータ、東大が無償公開

東京大学は1月11日、人間の頭部を精巧に再現した3DCGデータの無償提供を始めた。人の解剖所見や教科書を参考に作られた1000パーツ以上におよぶモデルで、随時アップデートするという。

[ITmedia]

 東京大学は1月11日、人間の頭部を精巧に再現した3DCGデータ(ポリゴンモデル)の無償提供を、専用のWebサイトで始めた。人の解剖所見や教科書を参考に作られた1000パーツ以上におよぶモデルで、随時アップデートするという。非商用、研究・教育用途限定で使用でき、そのまま3Dプリンタで造形することもできる。

画像 専用サイトより

 最先端のコンピュータグラフィックス技術と脳神経外科医の知見を集約し、医療の現場に必要な解剖情報を3DCGとして作成した。医用画像では確認できない脳実質内の神経線維、硬膜、微小血管などまで精密に再現。「世界最高レベルの精巧さ」という。

 1000パーツ以上の全パーツを無償で提供。用途に応じて必要なパーツだけダウンロードして利用でき、各パーツをそのまま3Dプリント造形することも可能だ。

 非商用、研究・教育用途限定で、編集・加工も自由。医学講義や解剖学実習での活用、研究開発での利用、論文や著書などへの添付、スナップショットをWeb公開といった用途を想定している。

 内閣府・革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」の研究の一環として開発されたもの。バイオニックヒューマノイドとは、高感度センサーを内蔵した精巧な人体モデルで、人間や実験動物の代替になるもの。人の精巧な3Dモデルは、バイオニックヒューマノイドの設計図としての役割を担っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.