ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年07月08日 17時22分 UPDATE

ヤフオク、「予算オーバーした落札は後悔している」が半数以上?

Yahoo! オークションの調査によると予算を超える落札経験のあるユーザーは8割近くに上るが、そのうち半数以上が「後悔することが多い」と回答。

[ITmedia]

 Yahoo! オークションは、ユーザーを対象に行っているアンケート調査「みんなのホンネ調査隊」の第6回「入札バトルの真実」の結果を発表した。集計期間は2004年6月10日〜6月29日で、有効回答者数は1498。

 予算をオーバーして落札したことがあるかという質問には、77%が「ある」と回答しており、オーバーしたときの平均金額は予算の2.4倍。予算を超えても入札した理由(複数回答)は、「どうしても欲しかったから」がトップで75%、次いで「冷静さを失っていたから」48%、「ライバルに勝ちたかったから」32%、「たまたま懐が温かったから」10%、「Yahoo!ペイメントが使えたから」5%と続く。

 とはいえ、予算オーバーした落札価格には、「後悔することが多い」が57%で、「納得することが多い」の43%を上回っており、実は半数以上のユーザーが予算オーバーを後悔しているようだ。

 後悔した理由は「同じ商品がもっと安い価格で落札されていたから」が多く、オーバーしても納得するのは、廃盤のレコードや古本、時計などマニアックなものが目立っている。

 ちなみに「予算オーバーしたことがない」ユーザーの入札方法としては「予算額を自動入札し、上回ったときは深追いしない」が挙がっている。

 なお、「みんなのホンネ調査隊」の最新の記事はYahoo!オークションニュースレター読者のみに配信されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -