トップ10
» 2007年06月05日 22時12分 公開

Google Gears温故知新Biz.ID Weekly Top10

Webアプリケーションをオフラインでも使えるようにする「Google Gears」。どんなサービスを“Google Gears化”したいか考えていたら、パソコン通信時代を思い出した。

[斎藤健二,ITmedia]

 先週のアクセストップ10で1位に輝いたのは、「Google Gears」についての記事。現在のところは利用できるのがRSSリーダー「Google Reader」だけとなっているが、今後の展開が楽しみなプラットフォームだ。

 例えば、GmailがGoogle Gearsに対応したらどうなるか。おそらく、過去のメールをどこまでローカルに保存するか選ぶことになる。すべてなら最大2.8GバイトのHDD容量を使うし、最近1年分なんていう選択肢もありだろう。オフラインでもGmailを立ち上げて、過去のメールを検索したり閲覧したり、返事を書いたりできるだろう。そしてオンラインになったタイミングで、新着メールがリストに追加され、作成済みのメールは送信されるわけだ。

 Google MapsがGoogle Gearsに対応したらどうなるか。まずはどの範囲の地図をローカルに持つか選ぶことになるだろう。設定したホームから半径30キロとか、5キロとかそんな感じだろうか。オフラインであってもグリグリと地図をスクロールして拡大縮小できる。そして、オンラインになったタイミングで、新しい地図データに更新されるわけだ。

 Google Readerなどと併せてGoogle Gears化してほしいものの1つが、翻訳サービス。データ量は多そうだが、オフラインでも利用したいことが多い。

 Flickrのような画像管理系のサービスもGoogle Gears化されたら面白い。作りにもよるだろうが、おそらくネット上のデータにアクセスするよりも軽快に動作するはず。「過去1カ月間のアップロードデータ」だけをローカルに保存できるようになるだけでもいいかもしれない。

 あとは本命──Google Calendarだろうか。ともあれ、Google Gears化された世界を想像していたら、ダイヤルアップ時代のパソコン通信を思い出した。オフラインでデータを読んだり書いたりして、オンラインになったら一気に通信……。“Webアプリをオフラインで使う”は、実は古くて新しい話題なのかもしれない。

関連キーワード

Google | Google Gears | オフライン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ