ニュース
» 2009年04月08日 20時00分 公開

右クリックでGoogleカレンダーに簡単入力――Mextクリッパー

Web上のスケジュール情報などを右クリックでGoogleカレンダーに入力できる「Mextクリッパー」が公開。Web上の記事などから、イベント情報を抽出。Googleカレンダーの「タイトル」「日時」「場所」などのフォームに自動的に区分けして入力できる。

[鷹木創,Business Media 誠]

 メタデータは4月8日、Web上のスケジュール情報などを右クリックでGoogleカレンダーに入力できる「Mextクリッパー」を公開、無償ダウンロード提供を開始した。Internet Explorer(IE)8で利用できるほか、Firefox用機能拡張「IE8 Activities (Accelerators) for Firefox」を適用すればFirefoxでも利用できる。

 Mextクリッパーは、Web上の記事やWebメールの本文などから、イベント情報やアポイントメント情報のいつ、どこで、何をといった詳細情報を抽出。そうした情報を、Googleカレンダーの「タイトル」「日時」「場所」などのフォームに自動的に区分けして入力できる。

 例えば、「一月二十六日、定時株主総会を東京都文京区小石川の弊社にて開催いたします。是非ご出席ください。 メタデータ株式会社 野村直之」といった情報を選択し、右クリックして「MextClipper」を選択。すると、時計マーク欄には「2009年1月26日」と、西暦を補い、漢数字や全角数字を半角アラビア数字に変換して表示。地球儀マークの欄は「東京都文京区小石川」といった住所や地名、施設名などを表示、イベントを表す旗印欄には、イベント名と推測できるものを表示する。

 いずれの項目も複数の情報がある場合は選択できるようになっており、日付に関しては現在の日時も選択できる。「今、注目したことを覚えておこう!」というようなメモに利用したい場合は、現在の日時を選択してもいいだろう。

 あらかじめGoogleカレンダーにログインしておけば、Mextクリッパーの「予定を登録/情報クリップ!」ボタンから自動的に登録できる。先ほどのイベントを表す旗印欄の情報がタイトルに入り、時計マーク欄の日時、地球儀マーク欄の場所がそれぞれGoogleカレンダーの該当項目に入力されるようになっている。

 メタデータでは、「情報を1から入力したり、何度もコピー&ペーストを繰り返してフォームに貼り付けるよりもずっと手軽に早く、スケジュール登録ができる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -