連載
» 2009年10月26日 19時28分 公開

Webサービス図鑑/レビュー:3秒でカッコいいロゴが作れる「Supalogo」を使ってみた

テキストを入力して1クリックするだけで、カッコいいロゴが作れるWebサービス「Supalogo」。フォントは24種類から選べて、知らないフォントを試してみるだけでも楽しい。

[杉本吏,Business Media 誠]

 「カッコいいロゴ画像を作りたいけど、あまり手間はかけたくない」というときにぴったりなWebサービスとして、先日「Supalogo」を紹介した


 実際に利用してみると分かるが、このサービス、とにかくシンプルでなかなか使い勝手がいい。トップページにあるのは、入力フォームとGENERATEボタン、OPTIONSボタンだけ。「とりあえず作ってみたい」というときは、ロゴにしたいテキストをフォームに入力し、GENERATEボタンをクリックするだけだ。3秒でロゴを作ることができる。

 細かい設定をしたい場合は、OPTIONSボタンをクリックしてみよう。設定できるのは、フォントの種類、フォントサイズ、アウトラインサイズ、アウトラインカラー、グラデーション/テキスト/光沢部分のカラー、透過PNGにするかどうか。各種カラーは、HTMLの色指定のほか、カラーパレットも用意している。

 中でも、フォントは24種類(すべて英語フォントで、日本語フォントが使えない※のが残念だ)。自分の知らないフォントをいろいろと試してみるのも楽しいものだが、今回は「いちいち試してる暇なんてないから、とにかく1分以内にそこそこカッコいいロゴが欲しい!」という読者のために、全フォントでサンプルを作ってみた。時間がないときの参考にしてほしい。

※10/28 13:30追記 「Japanese」フォントでは日本語も使用できるが、Webブラウザの表示環境によってはやはり文字化けしてしまうことがあるようだ。

 ちなみに以下は「Biz.ID」(1つ目の「i」と「z」が小文字)と入力したときの各フォントのサンプルだが、フォントによっては強制的に小文字になったり大文字になったりするものもあるようだ。

AERON/atwriter

headthinker/fontccaps

Sansation_Bold/MAILRAYS

Bolton/Comic Book

ASTRO867/balonez fantasia

arcade-r/rez

PHATP/DRUMSN

arc/chinese

japanese/208

flatley/raggmopp

randi/rolire

trtl/velvetillusions


 Supalogoのほかに、Webサービス図鑑で公開しているロゴ作成サービスには「Twitlogo」がある。作成したロゴをさらに編集して、オリジナリティのあるものにしたいという人は、画像編集カテゴリーの各サービスも試してみてはいかがだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -