ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スキルアップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スキルアップ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「65歳定年」義務化まであと1年……企業がとるべき対策とは?
いわゆる「65歳定年」導入の義務化が2025年4月に控えている。企業が取るべき対策は?(2024/4/19)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI、明治の活用法 社内アイデアソンで生まれた案は?
大手菓子メーカーの明治は1月から社内生成AI「meiji AI Talk」の活用を始めた。活用アイデアの創出に向け、社内ではどのような取り組みをしているのか。(2024/4/18)

PR:「セキュリティ」と「転職」に興味がある人に、アクセンチュアという選択肢 どんな環境でどんな人が働いている? 2人のキーパーソンに迫る
(2024/4/15)

PR:リモート環境でも、チームで働く醍醐味を実感できる組織とは
後輩が質問することで、先輩も自分の知識不足を把握する。その行為をお互いにたたえ合い成長できる環境が、ここにはある。(2024/3/18)

「特定のマーケティングタスクの100%を処理できる可能性」:
生成AIが2029年までにマーケティングの生産性を40%以上向上させる IDC予測
IDCは生成AI(人工知能)に関する予測結果を公開した。それによると、生成AIを企業のマーケティングタスクに適用すると、生産性が40%以上向上するという。(2024/4/15)

フリーエンジニアの6割超が「フリーになって年収アップ」 現在の年収のボリュームゾーンは?
ランサーズが調査結果を発表した。(2024/4/13)

4月入社の新入社員、2割がすでに「転職意向あり」 その理由は?
Hagakureの運営するWebマーケティングスクール「デジプロ」は、2024年4月入社の新入社員を対象に「転職とリスキリングに関する意識調査」を実施した。その結果、入社時点ですでに転職を考えている人が約2割いる一方、自身のスキルアップなどを目的とするリスキリングは、34%が「全くしていない」と回答したことが分かった。(2024/4/13)

リスキリングの障壁 「時間がない」「何をすべきか分からない」を抑えた1位は?
ビジネスパーソンにおけるリスキリングの障壁とは。学研ホールディングスのグループ会社であるベンド(東京都千代田区)の運営する「スキルアップ研究所」が調査を実施した。(2024/4/12)

開発者やクラウド担当者、セキュリティ担当者、ビジネスアナリストを支援:
Google Cloud、Gemini LLMベースの新世代AIアシスタント「Gemini for Google Cloud」を発表
Google Cloudは、開発者、Google Cloudサービス、アプリケーション向けの新世代AIアシスタント「Gemini for Google Cloud」を発表した。(2024/4/12)

生成AI 動き始めた企業たち:
書面の監査業務「25→12時間」に半減 生成AI、旭化成の活用策は?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第18回は、旭化成の取り組みを紹介する。各事業分野に特化した独自のAIモデルの構築を目指すという同社。どのような価値観のもと、生成AI活用を進めているのか。(2024/4/11)

株価上昇も4割が「給料上がらず」 代わりに「どんな投資」をしている?
物価高騰による生活への影響も見られている中、今回の株価の上昇は給与にどれくらいの影響を及ぼしたのか。また、人々は投資についてどのように考えているのか。WeCapital(東京都港区)が調査を実施した。(2024/4/8)

若手ほど高い意向:
参加したい社内イベント 「季節行事」「親睦会」を上回る1位は?
求人に応募した人のうち、勤め先で開催されるイベントに「参加してみたい」とした人は全体の59.6%に上ったことが、アイデム(新宿区新宿)による調査で明らかとなった。求人応募者が参加してみたい社内イベントの1位とは。(2024/4/8)

煎餅か昼寝かで悩むようなもんじゃ:
お悩みその27 VBAとPython、どちらを勉強した方がいいのでしょうか(40代 女性 SE)
Claude 3とやらが登場したそうじゃのう。どれ、ワシも試してみるかいのう。(2024/4/8)

CIO Dive:
アクセンチュアが「アクセル全開」 顧客向けAIスキル向上支援を強化
AIスキル向上のためのトレーニングプログラムに投資する企業が増えている。AWSなどが独自のスキルアッププログラムを発表する中で、アクセンチュアは顧客のAIスキルアップを支援するための学習プラットフォーム買収計画を明らかにした。(2024/4/5)

ITエンジニアが足りず「メカエンジニアを職種転換」 成功のポイントとは?
IT人材の不足は特に甚だしく、採用は困難を極めます。ある製造業の企業もITエンジニアの採用に難航していましたが、メカエンジニアを対象としたリスキリング施策で対応しました。全く異なる業務に転換を進めるポイントとは?(2024/4/5)

転職せず「この会社にいて大丈夫」と思ってほしい──そんな企業が実はやっていること
IT人材の不足に対し、存の従業員のリスキリングで対応する企業が増えています。リスキリング施策に取り組んでいる企業は、どのような成果を実感しているのでしょうか。人材の再配置が可能になることのみならず、さまざまな成果があるようです。(2024/4/4)

本当に活躍する人材を育てるには?:
従業員教育の課題を解決 “新時代”の業務習得ツールとは
人材不足が深刻化する中で、企業にとって重要なのは高いパフォーマンスを発揮できる活躍人材の育成だ。育成にかかる現場の負荷を軽減しつつ、質の高い教育プログラムを従業員に提供するにはどうすべきか。そのノウハウを紹介したい。(2024/4/17)

日本初、縦読みマンガで学べるサービス登場 ドコモからスピンアウト イラスト制作に生成AI活用
日本初の縦読み学習マンガサービス「LearningToon」の提供をSUPERNOVAが始める。同社はNTTドコモからスピンアウトした企業で、社員の研修やスキルアップをマンガで支援する。イラスト制作には生成AIを活用している。(2024/4/2)

メカ設計メルマガ 編集後記:
新入社員と、新入社員を受け入れる設計現場にオススメしたい記事【3選】
MONOistの記事を新入社員とのコミュニケーションのきっかけにしていただけたらうれしいです!(2024/4/2)

特選プレミアムコンテンツガイド
40代でも転職できる人が「絶対しないこと」は? エンジニア“サバイバル”読本
IT業界の未経験者が、エンジニアとして成功を収めるためには何をすればよいのか。年齢を重ねたエンジニアが、自分の経歴をセールスポイントにするには。エンジニアが“勝ち残る”ためのノウハウをまとめた。(2024/3/30)

建設業界の新3Kを支援するソリューション:
中小建設業にも広がる人事・労務管理のデジタル化 効率化で時間を創出し、働きやすい職場づくり進める
建設業の労働力不足への対応として、人材の確保や育成、労働条件の改善などが急務となっている。この取り組みを進める上で欠かせないのが、デジタル技術活用による人事・ 労務管理の高度化だ。クラウド人事労務ソフトを展開するSmartHRに、労務領域のデジタル化の現状について聞いた。(2024/3/29)

QAで解説:
採用を頑張っても若手がどんどん辞めていく……企業が今すぐ確認すべき3つの要素
せっかく新卒採用を頑張っても、若手がどんどん辞めてしまい困っています。待遇も悪くないと思いますし、なぜこんなに離職が多いのか分かりません。若者の早期離職は、どうやったら止められますか?(2024/3/28)

今後需要が増大するメインフレーム人材を教育:
IBM、メインフレームの新世代人材を育成する「メインフレームスキル協議会」を発足
IBMはメインフレームスキル協議会の発足を発表した。メインフレームスキル協議会は、メインフレームプラットフォーム向けのグローバル人材を育成するための組織だ。本記事では同協議会の概要を紹介する。(2024/3/27)

PR:NTTテクノクロスの生成AIを活用したビジネス戦略とは?
生成AIはいまやビジネスに携わるほぼ全ての人の関心事となった。他社に後れを取らないだけではなく自社の競争優位性を確立するための生成AI活用は、経営層やITリーダーの重要テーマだ。NTTテクノクロスはどのようにして競合優位性につながる生成AIを活用したビジネス戦略を考えているのだろうか。(2024/3/27)

素材/化学メルマガ 編集後記:
働き方が多様化する現代で正社員の価値について考える、若者もやっぱり安定に喜び
4月と言えば入社式。そんな時期に改めて正社員のメリットについて考えてみました。(2024/3/25)

CIO Dive:
AWSが無料のAIトレーニングコースを拡充 生成AIに関連した5つのコースを新設
AWSは現在提供中のAIトレーニングについて、無料の範囲を拡大すると発表した。生成AIに関連した5つのコースを新設する。(2024/3/25)

生成AI 動き始めた企業たち:
ライオン、生成AIで社内データを継承 開発の狙いは?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第17回は、ライオンを紹介する。同社は現在、生成AIと検索サービスを組み合わせた「知識伝承のAI化」ツールの自社開発に取り組んでいる。どのような生成AIの活用戦略を描いているのか。(2024/3/25)

ソフトウェアにはどのドメインにも適用できる力がある:
宇宙ビジネスをソフトウェア開発で支える「ドメイン駆動でキャリアをつむぐ男」
本が好き。音楽が好き。でも、ドメインにコミットして複雑な仕組みを整理してソフトウェアに落とし込むことはもっと好き。(2024/4/2)

PR:「ZOZOTOWNは未完成」 橋本ZOZOTOWN CPOが語る“価値爆増”への取り組み
(2024/3/29)

「TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷サクラステージ」24年夏にオープン、特徴は?
カルチュア・エクスペリエンスとNICリテールズは、東急不動産が2023年11月に竣工した「渋谷サクラステージ」に、「TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷サクラステージ」をオープンする。(2024/3/23)

「PowerShell」オンラインコース10選【第4回】
「PowerShell」を日本語&無料で学びたい人向けの“お手軽ツール”はこれだ
「PowerShell」のスキルは、システム管理者の専門性が重視される時代において、キャリアパスを開く重要な要素になる可能性がある。日本語で学べるものも含め、PowerShellのオンライン学習コースを紹介する。(2024/3/23)

NECグループの広範な対応力と丁寧な人材育成:
PR:SAPエンジニアにとって理想の環境とは
NECソリューションイノベータはSAPに関連する人材を集約する形で、2020年にSAPソリューション事業部を立ち上げた。SAP事業のキーパーソンに仕事の醍醐味や同社ならではの教育制度などを伺った。(2024/3/21)

ドンキ、ちょっと意外な理由で「肉」を安く販売 売り場では“正直”に説明
3月13日にオープンした「MEGA ドン・キホーテ成増店」(東京都板橋区)の精肉コーナーではちょっと変わった取り組みをしている。肉を少し安く提供している理由とは?(2024/3/19)

500人に聞いた:
社会人のスキルアップ方法 「オンライン講座」「YouTube」を超えた1位は?
ビジネスパーソンはどのような方法でスキルアップを試みているのか。学研ホールディングス傘下のベンド(東京都千代田区)が運営する「スキルアップ研究所」が調査した。(2024/3/19)

CIO Dive:
最高年収2500万円超も夢じゃない 生成AIに並ぶ“稼げる”AIスキルとは?
2024年に入りAIの導入に注力する企業が増えていくにつれて、AIを使いこなせる人材の需要も高まりを見せている。生成AIのスキルを持つ技術者は最高で17万4727ドル(日本円で約2500万円)の平均給与が期待できるという。(2024/3/18)

後編:
「良いこと」ばかり伝える1on1は危険 マネフォに聞く、評価を“サプライズ”にしない工夫
マネーフォワードでは月次での1on1実施率が95%を超え、「評価面談や1on1において、上長から良い点と改善すべき点に関するフィードバックが得られている」という指標でも平均4.2(5点満点中)と、社員からの評価が高い。同社の1on1は何が違うのか。(2024/3/18)

CIO Dive:
なぜ、SAPユーザーはクラウドに移行しないのか? 専門家が指摘する「2つの理由」
多くの企業にとって、オンプレミスからクラウドへの移行は必要性が高い。しかし、システム提供側の都合による急激な移行の推進は、企業の反感を招きかねない。SAPのクラウド移行推進策に顧客が戸惑う理由とは。(2024/3/14)

エンジニアのキャリアを全力で応援:
PR:NECソリューションイノベータはなぜ「人的資本経営」を追求するのか
企業に所属するITエンジニアの多くは、技術を捨ててラインマネジャーに進むか、昇進を諦めて技術を高め続けるか、悩ましい選択を将来的に迫られることになる。NECソリューションイノベータはこの問題に、どのような考えと仕組みで取り組んでいるのだろうか。(2024/3/14)

ダイエー跡地に「MEGAドンキ」開業 ドンキ初、精肉の”学校”を併設したワケ
ドン・キホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルは3月13日、「MEGA ドン・キホーテ成増店」をオープンした。4フロアで構成する売場面積は都内最大級。6階には研修施設「成増ミート研修センター」を併設するなど、ドン・キホーテ初となる取り組みも実施する。(2024/3/13)

1000人に聞いた:
30歳以上の社会人が学んでいるIT知識 「プログラミング」「OAスキル」を超えた1位は?
国を挙げて推進の機運が高まるリスキリング。ミドル世代やシニア世代は現在、どのようなスキルを新しく習得し、キャリアビジョンの実現に生かそうとしているのか。(2024/3/12)

328人に聞いた:
企業のリスキリングの有無、入社の意思決定にどう影響?
「リスキリングの機会を求めて転職した」という人は3割に上ったことがサイトエンジンの調査で明らかとなった。企業によるリスキリング機会の有無は、働き手の意欲にどう影響するのか。(2024/3/11)

デジタル広告業界における女性活躍を語る【後編】:
「データドリブン」の文化が根付く企業ではなぜ女性の活躍が進むのか 香川晴代×松下恭子対談
プログラマティック/デジタル広告の領域で女性の活躍が進む理由の一つとして浮かび上がったのが「データ」を軸に意思決定が進む組織の在り方だ。ここには業界を越えて経営層が学ぶべきヒントがある。(2024/3/9)

Security Copilotで業務はどう変わる? Microsoftが考えるAI時代のセキュリティ
Microsoftは生成AIソリューションSecurity Copilotをセキュリティ業務にどう活用するか、そのユースケースを発表した。この中では同社が実践している、安全なAI利用に向けたフレームワークの整備などについても語られた。(2024/3/8)

設計者CAE教育のリデザイン(再設計)(1):
これでいいのか!? 設計者のCAE教育
連載「設計者CAE教育のリデザイン(再設計)」では、“設計者CAEの教育”に焦点を当て、40年以上CAEに携わってきた筆者の経験に基づく考え方や意見を述べるとともに、改善につながる道筋を提案する。(2024/3/7)

スピン経済の歩き方:
優秀な若手がどんどん辞めていくが、「社内運動会」をやっても防げないワケ
パナソニックが若手社員約1200人を対象に実施した「社内運動会」が話題になっている。「組織間の交流」が目的だったが、若手社員の反応はどうだったかというと……。(2024/3/6)

データ活用は「ボトムアップ」がカギ パナソニック ホームズ、社内日報をデータ化 社員教育などで成果
住宅メーカーのパナソニック ホームズでは2019年から、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」を使ったデータ活用に取り組んでいる。社員の活動実績をデータ化し、社員教育などで成果を得ているという。旗振り役を担った担当者に導入までの経緯を聞いた。(2023/3/13)

2カ月は「働かずに勉強に専念」 KDDI流・本気のDX人材育成法
(2024/3/4)

今日のリサーチ:
マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、CMOがいかにして自社の機能の将来への即応性を確保できるかを探りました。(2024/3/3)

働く女性は理想より「眠れていない」 睡眠時間を削る要因、「家事」を抑えた1位は?
働く女性の睡眠時間は平均6.0時間となり、理想の睡眠時間とは1.6時間ものギャップがあるーー。そのようなことがキャリアデザインセンター(東京都港区)が運営する「女の転職type」による調査で明らかとなった。(2024/3/1)

Gartner Insights Pickup(340):
激変する世界でのI&Oリーダーシップとは
Gartnerのエキスパートが、インフラとオペレーション(I&O)のリーダーシップ戦略と、ビジネスの成功に向けて人材を成長させ、プロセスを変革する方法を論じた。(2024/3/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。