ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  W

「Webサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

JCBかたる詐欺メールに注意 「カードの利用を制限」と偽りウソの本人確認
ジェーシービーをかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起。カード会員向けWebサービス「MyJCB」の本人確認を装い、偽サイトに誘導する。(2020/10/30)

BAS:
“エレベーターのいまが分かる”誰でもスマホで現況確認、三菱電機ビルテクノが無償提供
三菱電機ビルテクノサービスは、ビル所有者や管理者だけでなく利用者も使えるエレベーターの稼働状況が確認できる無償Webサービスを始めた。(2020/10/28)

利用実態:
「パスワードを使いまわしている」85%、被害経験は?
トレンドマイクロはWebサービスの利用者を対象に、「パスワードの利用実態調査」を実施した。パスワードを使いまわしている人は……。(2020/10/8)

解体市場のトレンド予測も解説:
改正法で急変する解体業界、施主とつなぐ「くらそうね」に“賠償保険”など無償の保証サービス
解体工事の一括見積もりWebサービスを運営するクラッソーネは、会社倒産や事故発生など、万が一の際、金銭的リスクの回避や工事停滞などの不安を解消する保証サービスを無償オプションで追加した。(2020/10/6)

システム構成に応じたセキュリティ実装
「bot攻撃」高度化で従来対策はもう限界? Webサービスに今必要な最新対策とは
ECサイトやWebサービスを狙ったサイバー攻撃で気を付けたいのがbotだ。悪性botによる攻撃は進化を続けており、従来の対策では太刀打ちできない恐れもある。bot攻撃や人手による攻撃からWebアプリケーションを守るには何をすべきか。(2020/10/6)

「鬼滅の刃」風のキャラを作れるサービス登場 目・髪・服など選択 組み合わせは5000兆通り
集英社が、人気漫画「鬼滅の刃」風のキャラクターを作れるWebサービス「鬼滅の刃メーカー」を公開。髪や目、服装などのパーツを組み合わせ、オリジナルのキャラクターの画像を作成できる。組み合わせは5000兆通り以上という。(2020/9/29)

日本語特化のAI文字起こしサービス 1時間の音声を5分で文字化、句読点も自動で調整
AIを活用し、日本語の音声データを文字起こしするWebサービスが登場。1時間の音声データを5分程度で文字起こしでき、句読点の位置も自動で調整できるという。料金プランは30秒20円(税別、以下同)、40時間まで10万円。(2020/9/1)

災害支援のデジタル化:
寄付金・水・電力・医療の包括的な災害支援、「平時にも使える」強みで自治体のレジリエンスを強化
ふるさと納税のWebサービスを自治体に提供しているトラストバンクは、この仕組みを災害時の寄付金募集にも応用し、水資源、緊急医療、エネルギーのサービスも追加して、災害支援を包括的にカバーする新規事業を開始した。全てのサービスが非常時だけでなく、日常でも使えることが特長で、いざというときに自治体担当者がイチからオペレーションを学ぶ必要が無く、即時に対応できるのが他に無い強みとなっている。(2020/8/28)

テレワークの長期化によって生じる組織課題 ユニポスが「他部署への関心度」を可視化する分析機能を提供
HRテック領域でWebサービスなどを手掛けるUniposは、従業員同士が感謝と少額の報酬を送り合えるサービス「Unipos」上で、部署間の連携を可視化し分析する機能の提供を始めた。(2020/8/26)

すきだよ:
ノロケツイートがバズって起業! カップル・夫婦向けサービス「ふたり会議」が反響を呼ぶワケ
カップルや夫婦間のパートナーシップ形成に焦点を当てた事業を展開している「すきだよ」が、この夏、Webサービス「ふたり会議」をリリースした。ちょっと変わったネーミングのこのサービスは、どんな内容なのか。開発の経緯と世間の反響について、社長に聞いたところ……。(2020/8/23)

仮想サーバ17万台、物理サーバ9万台 「ヤフオク!」「Yahoo! JAPAN」を支えるヤフーのITインフラ運用術
「Yahoo! JAPAN」「ヤフオク!」などのWebサービスを運営するヤフー。大規模なトラフィックをさばくため、約17万台の仮想サーバ、約9万台の物理サーバを組み合わせ、独自のプライベートクラウド環境を構築・運用している。(2020/8/13)

AIがマスク着用を判定するWebサービス、ユーザーローカルが無料公開
ディープラーニングの技術を活用し、人の顔画像からマスクを着用しているか判定するAIツールの提供をユーザーローカルが始めた。利用は無料。(2020/8/11)

外部ECサイトやアプリにPayPayを簡単導入 無料の開発者向けサービス
ECサイトやアプリのオンライン決済に、モバイル決済サービス「PayPay」を使えるようにする開発者向けWebサービス「PayPay for Developers」をPayPayが提供する。実装方法や開発環境を提供することで、オンライン加盟店の獲得を強化する。(2020/7/29)

AIで漫画の吹き出しを翻訳するWebサービス 英語や中国語に対応、従来の作業時間を半減
AIを活用し、日本語の漫画を英語や中国語に翻訳する法人向けサービスが登場。これまでの約半分の時間で翻訳作業が完了し、翻訳版の海外展開を後押しする。(2020/7/28)

リノベ:
顧客が内装をWebで選べるマンションリノベの新サービス
クジラと長谷工リフォームは、消費者へのリノベーションの普及を目指し、マンションリノベーションのWebサービス「ユアリノベ」を開発した。(2020/7/9)

製品動向:
ユニオンテックが開発した協力会社との施工体制を可視化するWebサービス
ユニオンテックは、内装工事業で培ったノウハウやユーザーからの意見を生かし、協力会社との施工体制のコンディションを可視化するWebサービスを開発した。(2020/6/30)

飲食店向けテークアウト支援サービス 「おもちかえり.com」提供 新型コロナ対策機能も
シンギュラリティ・ソサエティは、6月24日に飲食店向けWebサービス「おもちかえり.com」を提供開始。初期設定費/システム利用料は不要で、オンラインでのテイクアウト受注や決済が行える他、COVID-19対策機能も付与している。(2020/6/24)

1枚あたり9円台へ最安値を更新 「マスク通販最安値.com」の定点観測から
マスク1枚あたり通販在庫価格の最安値をリアルタイムに検索できるWebサービス「マスク通販最安値.com」が、6月10日に「マスク1枚あたり9円台」と最安値への下落を発表。コロナ以降の最安値を更新している。(2020/6/11)

ベルリンの少女が学校閉鎖で役立てたWebサービスとは?
5月初旬にロックダウンが緩和されたドイツでは、州によって学校が再開。ロックダウン中の学校閉鎖は、思春期の多感な少女にどう映ったのか? 同時に学校閉鎖中の学習方法などを、ベルリンで5月20日から再び通学を始めた女学生・カルロッタさんに聞いた。(2020/5/29)

特別定額給付金の処理状況をWebで確認可能に、SAPジャパンが地方公共団体向けにWebサービスを無償提供
住民が郵送申請書の給付コードやオンライン申請の受付番号を入力すると、受付日や審査の処理状況、振り込み予定日が表示される。(2020/5/21)

NEC、銀行の個人情報をWebサービスの本人確認に使える共通プラットフォーム 事業者に提供へ
NECと銀行5社は、金融機関が保有する個人情報を使って、事業者がオンライン上でユーザーの本人確認を行える共通プラットフォームを提供する。Webサービスなどを提供する事業者は、郵便などを用いた従来の方法に比べ、より信頼性の高い本人確認を効率的に行えるようになるという。(2020/5/7)

マスクの1枚あたりの価格と納期を比較できる「マスク在庫価格ランキング」登場
Webサービスの企画運営を行うTeams TOKYO(東京都港区)は、マスク1枚当たりの価格比較と発送までの日数をリスト表示できるWebサイト「マスク在庫価格ランキング」を公開した。「マスク在庫価格ランキング」では、Amazonと楽天市場から在庫のある商品をピックアップ。1枚当たりの価格を計算し、価格の安い順でランキング表示する。また、各ショップごとの発送までの日数を表示し、利用者がいつごろ入手できるかが分かるようになっている。(2020/4/7)

インターネット接続機器の検索サービス「SHODAN」を使用:
リモートワーク拡大に伴うRDPやVPNの使用状況、産業制御システムのネット接続状況の変化が調査で明らかに
リモートワークが広がる中、インターネットに接続しているさまざまな機器を検索できるWebサービス「SHODAN」を使って、リモートデスクトップコンピュータ、VPN、インターネットに露出した産業制御システムの数の推移を調査した結果が発表された。(2020/4/6)

Mobile Weekly Top10:
新型コロナウイルスの影響はどこまで広がる?/各社の5Gサービスがスタート
新型コロナウイルスの影響が徐々に広がりを見せています。中でも、感染症を拡散することを抑制する上で役に立つ「マスク」の品不足は深刻で、ネット通販のマスク情報をまとめるWebサービスまで登場しました。(2020/3/30)

Webサービスは生体認証でパスワードレスの時代に
SaaS型生体認証の導入でパスワード認証に潜む危険を回避
Webサービスはフィッシング詐欺やパスワード漏えいなどセキュリティリスクがありながらもパスワード認証を使用している。パスワードレスな認証方式を利用すればこれらのリスクは回避可能だ。その解決策として、簡単に導入可能な生体認証SaaSを紹介する。(2020/3/23)

KADOKAWAの19年4〜12月期、78億円の最終黒字に転換 ドワンゴの改革が増益要因に
KADOKAWAが2019年4〜12月期の連結業績を発表。最終損益が78億8200万円の黒字(前年同期は21億6900万円の赤字)に転換した。子会社ドワンゴが担うWebサービス事業が大幅な黒字に転換し、増益に貢献した。(2020/2/14)

Pontaポイントは「選択制」に:
ドコモとリクルートが業務提携 リクルートグループのサービスで「dポイント」がたまる(2020年度第3四半期から)
NTTドコモとリクルートが、Webサービスに関する業務提携契約と、中小個店向けの業務・経営支援サービスの展開に関する基本合意書を締結。リクルートグループのWebサービスにおいて、2020年度第3四半期をめどに「dポイント」がたまるようになる他、一部の「Airペイ」加盟店でも2020年4月をめどにdポイントに対応する。(2020/1/30)

徳丸浩氏が8つの試練を基に解説:
架空企業「オニギリペイ」に学ぶ、セキュリティインシデント対策
ECサイトやWebサービスでセキュリティインシデントを起こさないためには何をすればいいのか。2019年12月に開かれた「PHP Conference Japan 2019」で徳丸浩氏が、架空企業で起きたセキュリティインシデントを例に、その対策方法を紹介した。(2020/1/28)

「ATND」4月に終了 「満足いただけるサービスの提供が困難」 開始から11年
イベントの集客や管理が無料で行えるWebサービス「ATND」が4月14日に終了する。「今後、顧客に満足してもらえるサービスの提供が困難という結論に至ったため」終了を決めたという。(2020/1/16)

シュテルンビルト市民になれる日が来るとは 「タイバニ」世界に住んで日常にヒーローを感じるWebサービスが突如登場
その名も「V(バーチャル)レジデンス」。(2019/12/26)

7pay、宅ふぁいる便の不正アクセスなど:
マカフィーが2019年の10大セキュリティ事件を発表 第1位は?
マカフィーは2019年の10大セキュリティ事件を発表した。バーコード決済サービス「7pay」への不正アクセスや、ファーウェイ製機器の締め出し、Webサービスへの不正アクセスやSNSでのセキュリティ問題などがランクインした。(2019/12/25)

「ハードウェア障害」「アクセス過多」「バッチ突き抜け」対策のポイント:
落ちるのは日常茶飯事? Webサービスの“死因”と対処策とは
本番環境で起こってしまうWebサービスやサーバのトラブルは機会損失や信頼失墜に直結するため、開発者や運用管理者は日頃から備えておく必要がある。だが、備える際のポイントはどこにあるのか。オミカレでCTOを務める曽根壮大氏が、Webサービスやサーバの停止を「死」と捉え、“突然の死”にどう対策していけばいいのか講演した。(2019/12/25)

最短3分で事業計画の策定とセルフチェックが可能 新規事業者向けWebサービス
プロフィナンスが、簡単に事業計画の作成を行えるWebサービス「ProfinanSS」の公開を開始した。(2019/12/19)

経産省、宇宙ベンチャーと専門人材のマッチングサイト「S-Expert」を開設
経済産業省は、ベンチャー企業と宇宙専門人材のマッチングを支援するWebサービス「S-Expert」を開設した。(2019/12/12)

激化する業界競争に複雑化する顧客ニーズ
インターネット業界で差をつける、洞察力を引き出すデータ分析術
インフラ技術の進展もあり、通信事業者やEコマース、Webサービスといったインターネットでビジネスを展開する企業間の競争が年々激化している。この時代を生き残るために求められるものとは。(2019/12/6)

「Yahoo!みんなの政治」が終了へ ヤフーが2020年3月末までに終了するWebサービスとアプリを発表
すでに終了が発表済みのサービスも含めまとめられています。(2019/11/30)

電子書籍の時代にあえて「アナログ」に:
19歳以上は使用不可? ジャンプした人数だけ「ジャンプ作品」を読めるサービス開始  担当者「『少年』は18歳以下」
ジャンプから期間限定の新アプリが登場した。漫画やキャラクターに関する新たなアプリ、Webサービスの開発企画コンテスト「ジャンプアプリ開発コンテスト」の第2期入賞企画。一緒にジャンプした人の数だけジャンプ作品を読める。ただ、サービス対象は18歳以下だという。(2019/11/29)

Amazonのやらせレビューと戦う「サクラチェッカー」はなぜ生まれたか 開発者に聞く背景やサクラレビューの見分け方
レビューで高評価だったのに品質が……という問題に取り組むWebサービスです。(2019/11/22)

「マジでやばい」「二次絵もいける」──写真から被写体を切り抜く「remove.bg」がネットで話題に
AI技術を活用し、画像をアップロードすると被写体だけを切り出し、背景を削除してくれるWebサービス「remove.bg」がネット上で話題に。動物やアニメキャラクターなども切り出せるようになり、驚きの声が上がっている。(2019/11/19)

KADOKAWAの19年度上半期、最終利益が約3倍に 構造改革で復活のドワンゴが貢献
KADOKAWAが2019年4〜9月期の連結業績を発表。最終利益が約2.9倍の62億200万円と大きく伸びた。子会社ドワンゴが担うWebサービス事業が黒字に転換した。ニコニコプレミアム会員数は減少したが、不採算事業の廃止などの構造改革がコスト削減につながった(2019/11/15)

NHKのWebサービスで一時障害 「NHKオンライン」「らじるらじる」など利用できず、現在は復旧済み
NHK内のネットワーク機器の障害で、個人情報流出などはなかったとのこと。(2019/11/13)

スマート化:
注文住宅向けWebサービスに新システム、顧客と建築事業者の“直の意思疎通”
ランディックスは、注文住宅向けWebサービス「sumuzu Matching」に、建築主と工務店が直接コミュニケーションを図れるチャット機能などを追加し、戸建て住宅の建築にまつわる土地の購入から、設計提案、打ち合わせ、工事請負契約までを完全IT化させた。(2019/10/29)

なぜ、セキュリティを意識したサイトでも「認証に不安が残る」のか
セキュアスカイ・テクノロジーが、Webサービスの認証を取り巻く「攻撃」と、それに付け入れられる隙となる「脆弱性」の実態を紹介するセミナーを開催。積極的に脆弱性診断を受けるほどセキュリティに気を配っているサイトでも、不備が多々見つかったという。(2019/9/27)

どんな情報が収集されているのか
「無料Webサービス」に売り渡した個人情報の可視化ツール
無料のWebサービスを使うと、どのような個人情報が収集されるのか。F-Secureがこれを簡単に確認できるツールを公開した。このツールを使って一度確認してみることをお勧めする。(2019/9/6)

Computer Weekly日本語版
実はタダじゃない「無料Webサービス」に支払っている代価
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/9/4)

KADOKAWAの1Q、営業利益は約8.7倍に ドワンゴの「Webサービス事業」が黒字転換 構造改革が奏功
KADOKAWAが8月8日に19年4〜6月の連結決算を発表。売上高が前年同期比0.2%増の497億4500万円、営業利益が約8.7倍の34億7100万円と増収増益だった。子会社ドワンゴが担うWebサービス事業の営業損益が黒字に転換した他、出版事業などが好調だった。(2019/8/9)

@ITセキュリティセミナー:
徳丸浩氏が誤解を指摘――Webサービス運営者が知らないと損害を生む「パスワード保護の在り方」
サイバーセキュリティの世界で取り上げるべきトピックは多々あるが、「基本的な守りを固める」ことも重要だ。2019年6月26日に行われた「@ITセキュリティセミナーロードショー」の中から、その際に役立つセッションの模様をレポートする。(2019/7/24)

特集:EDRの理想と現実(2):
ツールありきではなく、運用ありきで――DeNAがEDRを導入した理由と製品選定のポイント
「防御」の次を見据え、脆弱性検査やCSIRTなどのセキュリティ対策を内製化してきたDeNAでは、2018年にEDR製品を導入し、自社での運用を開始した。背景には、さまざまなゲームやWebサービス開発に必要な多様な環境でも誤検知を減らし、スピードや利便性を損なうことなくセキュリティを一歩一歩高めていきたいという同社ならではの考え方があったという。(2019/7/12)

Webブラウザで利用できるAI需要予測サービス「客数予測」と「多目的予測」――NECがAmazon SaaSで提供開始
NECは、AIを活用した需要予測をWebブラウザで手軽に利用できる「需給最適化プラットフォーム Webサービス版」を開始。客数の予測分析ができる「定型予測(客数予測分析)」と、分析モデルを設計して独自の分析ができる「非定型予測(多目的予測分析)」を提供。Amazon SaaSストアで購入できる。(2019/7/10)

CloudflareのCDNがダウン、世界中のサイトに影響 原因はソフトウェアの動作不良
Cloudflareが提供するCDNサービスが、7月2日午後11時50分ごろ(日本時間)から約30分間にわたり全面的にダウン。CloudflareをCDNとして利用している世界中のWebサービスやアプリケーションが使えなくなった。(2019/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。