ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「コミュニケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

快適・高品質な会議を実現するスピーカーフォンを紹介:
PR:MAXHUBで解決! 岸博幸氏が指摘する会議の「ムダ」とは?
リモート化で、これまでの働き方が抱えていた「ムダ」にメスが入る一方、いまだ多くのムダが残るのが「会議」。いったいなぜ、会議のムダはなくならないのか。会議の本質やコミュニケーションをよりよくするためのヒントを岸博幸氏に聞いた。(2022/5/20)

料理サイト、メーカーと消費者つなぐ ネット通販増、口コミ・交流の影響大きく
料理サイトの食品・飲料メーカーと消費者をつなぐコミュニケーションサービスが注目されている。コロナ禍でECの利用が拡大し、双方向コミュニケーションや消費者間の口コミが商品の売れ行きにより影響するようになってきたためだ。(2022/5/16)

プライバシーにも配慮:
他のスマホと簡単にデータ共有 トーンモバイルが「TONE e22」の新機能を紹介
ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)とトーンライフスタイルが6月1日に発売する新型スマートフォン「TONE e22」。同端末で利用できる2つの新機能が公開された。ユーザー同士のコミュニケーションをより円滑に、かつ安全にこなせるように工夫されていることが特徴だ。(2022/5/11)

動画で会話しネット販売 地方で拡大 ライブコマース、漁港・直売所の臨場感
生産者が動画を通して商品を販売する「ライブコマース」が広まりつつある。利用者はコミュニケーションを取りながら商品を購入できるため安心感があり、新型コロナウイルス禍の新たな直販スタイルとして定着する可能性が高い。(2022/5/10)

「Appleセキュリティバウンティ」は改善したのか【第1回】
「Appleには協力できない」と嘆いていたバグ研究者が認めたAppleの変化とは?
セキュリティ研究者によると、「Appleセキュリティバウンティ」におけるAppleのコミュニケーションが2022年に入って改善した。具体的にどう改善したのか。参加者の実体験を紹介する。(2022/5/10)

オカムラ、Web会議用音声コミュニケーションツール「TALKHUB」を発売
オカムラは、オープンスペースで音漏れを気にせずWeb会議が可能となるWeb会議用音声コミュニケーションツール「TALKHUB(トークハブ)」を2022年4月より発売する(2022/4/28)

「重大なバグ」への対処法【第2回】
バグ修正の成否を決めるのは「連絡窓口の一本化」 それはなぜなのか
重大なバグは発生したら、IT部門に問い合わせが殺到する。それでも冷静に動いて適切に情報発信するための手法がある。緊急時におけるコミュニケーションのノウハウを紹介する。(2022/4/28)

セキュリティにも「シフトレフト」を【中編】
「シフトレフト」にソフトウェア開発者が後ろ向きの理由と、前向きにする方法
セキュリティの「シフトレフト」を実現するためには、セキュリティ担当者とソフトウェア開発者の密な連携が鍵を握る。両者間のコミュニケーションを改善する策とは。(2022/4/28)

課長層1000人に調査:
課長の4人に1人「自分の仕事はDXと無関係」 知識不足の声多く
JTBコミュニケーションデザインは、企業組織の中核を担う課長層に、「DX時代の課長調査」を行った。課長層に自分の仕事とDXとの関わりを聞いたところ、「自分の仕事の性質上、DXは関係がない」という回答が4分の1を占めた。(2022/4/26)

調査で判明:
マンション購入時に参考にした媒体「YouTube」や「Twitter」が上位に 理由は?
3Dコミュニケーションプラットフォーム「ROOV」を開発・提供する、スタイルポート(東京都渋谷区)は「X世代マンション購入者の行動変容」に関する調査を実施した。(2022/4/23)

喋る「ハローキティロボット」誕生 受付や接客での活用見込む サンリオとNTT東が共同開発
サンリオが、「ハローキティ」型のコミュニケーションロボットを8月に発売する。開発に当たってはNTT東と協力。価格は5年間のリース契約の場合で月額7万5900円。接客や受付業務での活用を見込む。(2022/4/22)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【前編】
医療機関が人材育成に「ゲーミフィケーション」を採用した理由
米国医療機関のMayo Clinicは、従業員研修にゲーミフィケーションの手法を採用しようとしている。この研修システムの特徴は双方向コミュニケーションとチーム育成を重視している点だ。ユーザーの反応は。(2022/4/22)

サンリオからの提案で:
NTTとサンリオ「ハローキティロボット」開発 一番の特徴は「声」
NTT東日本とサンリオは4月21日、共同で開発した「ハローキティロボット」を発表した。法人向けのコミュニケーションロボットで、一番の特徴は「声」。どんな活用方法があるのか?(2022/4/21)

大和ハウスが「メタバース住宅展示場」 3D空間で見学者案内 デザインやインテリアの即時切り替え機能も
大和ハウスが「メタバース住宅展示場」を公開する。展示場内では、アバターを使って同社担当者と見学者がコミュニケーションしながら建物のデザインや間取りを確認できる。(2022/4/20)

「アメリカで学んだ上手なクレームの伝え方」がとてもスマート 店員さんへの対応で見習いたくなる!
コミュニケーションを意識するのが大切。(2022/4/26)

取引先と一緒にコミュニケーションツールを使う方法【後編】
社内のコミュニケーションツールに取引先を招待する「連携」手段とは
プロジェクトを共に進める取引先が、自社と異なるコミュニケーションツールを利用している場合、社内外のコミュニケーションツールを連携させる必要がある。そのための手段とは。(2022/4/19)

お母さんがもらってうれしい「母の日ギフト」 2位スイーツ、1位は?
LINEは、ギフトを贈り合うことのできるコミュニケーションサービス「LINEギフト」において、母の日に関するアンケートを実施した。その結果、もらってうれしい母の日ギフト1位は、「お花」だった。(2022/4/13)

VRアバターはビデオチャットより“素の自分”さらけ出す 東京都市大など研究
VRアバターによるコミュニケーションは、ビデオチャットより“素の自分”をさらけ出す――こんな実験結果を、東京都市大学などが発表した。(2022/4/13)

取引先と一緒にコミュニケーションツールを使う方法【前編】
社内のコミュニケーションツールを取引先とも使いたいときに検討すべき「準備」は
取引先企業との共同作業をスムーズにするために、社内利用中のコミュニケーションツールを社外メンバーに開放する場合、何をすればよいのか。ゲストアカウント発行や認証連携など、具体的な手段を探る。(2022/4/12)

「総務」から会社を変える:
今後はメタバースが主流? 総務は今、多様化するコミュニケーションツールをどう使いこなすべきか
総務領域の第一人者・豊田健一氏の連載。今回は、長引くコロナ禍で多くの企業がなかなか解決策を見つけられていない「コミュニケーション問題」について、総務の視点から解説する。(2022/4/8)

「メール」はどうなるのか【前編】
「メール」波乱の歴史 コミュニケーションの主役から“脇役”へ
メールは数十年にわたりビジネスコミュニケーションを支えてきた。しかし今は昔。「Microsoft Teams」「Slack」といったビジネスチャットツールの台頭で、メールは主役でなくなりつつある。今後、どうなるのか。(2022/4/8)

パートナー企業との協働を成功に導く4つのステップ【前編】
取引先との共同作業をスムーズにするツールは「協働レベル」で見極めよう
取引先との共同作業をスムーズに進めるために、適切なコミュニケーションツールを選ぶのは重要な要素だ。ツール選定の指標となる「協働レベル」の考え方とは。(2022/4/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
No!と言わない言わせないコミュニケーション術
「顧客への提案が通らない」「上司に企画書を見せても承諾を得られない」そのような悩みを抱えているビジネスマンは少なくないだろう。ビジネスはとにかく交渉の連続。交渉がうまい人と下手な人は何が違うのだろうか。(2022/3/31)

第2回 業務のデジタル化では「YouTuber」を目指せ
数多くの日常業務を支える基本機能のうち、まず第1に「コミュニケーションのトランスフォーメーション」を果たさなければならない。数あるDXの取り組みの中でなぜ、コミュニケーションを最初に問うのか。(2022/3/30)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
コミュニケーションを円滑化し、チームを活性化する「超ファシリテーション力」
記者会見や社内会議、イベント、飲み会など、せっかく人が集まったのに、残念な議論になってしまったという経験はないだろうか。人が集まる場所では、きちんと仕切ることができる人がいれば効果的な議論が可能になる。(2022/3/30)

事例で解説:
ハラスメント? マネジメント? マネジャーは「部下のプライベート」にどこまで踏み込むべきか
リモート化の進展などで前景化しているコミュニケーション問題。例えば、上司としては、どこまで部下のプライベートに踏み込んでよいものか、悩ましいものだ。本記事では、人事領域に長年携わってきた筆者が目にした事例を基に、この問題を探っていく。(2022/3/25)

食関連メーカーと生活者をつなぐ:
クックパッドが食関連メーカーのオウンドメディア構築支援 「メーカーズタウン by Cookpad」を提供開始
メーカーと生活者のコミュニケーションの場を設け、良質な口コミやSNSでの発信につなげる。(2022/3/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーの快眠が組織を変える 65000人の睡眠を改善してきて分かった睡眠と組織の関係性〜
リーダーが睡眠を犠牲にして、仕事をしているとチーム全体がギスギスして心理的安全性も確保されず、チャレンジする風土も育まれにくくなるが、リーダーがしっかり睡眠を取れているとコミュニケーションも良好になり、ヘルプも十分、失敗を恐れずにチャレンジできるようになりやすい。(2022/3/24)

テレワーク、課題はコミュニケーション 意思疎通、不十分で弊害も
新型コロナウイルス禍でテレワークが進み、コミュニケーション不足による弊害を指摘する声が強まっている。(2022/3/23)

テレワーク、課題はコミュニケーション コロナ禍3年目でも意思疎通不十分で弊害
新型コロナ禍でテレワークが本格的に運用されて約2年がたつ。改めてコミュニケーション不足が業務上の課題として浮き彫りになっており、主にIT環境が脆弱な中小企業を対象に解消に向けた取り組みが活発化している。(2022/3/23)

Microsoft、ARとAIで視覚障害者のコミュニケーションを支援する「PeopleLens」
Microsoftは、視覚障害者が周囲の他者と交流するためのAI技術「PeopleLens」を発表した。ARメガネでキャッチした周囲の人との距離や視線の方向のデータをリアルタイムで音声に変換し、装着者に状況を知らせる。(2022/3/15)

オフィス探訪:
感染対策に1.7億円! コロプラが目指した『出社したくなるオフィス』の全貌
コロプラは2月、東京・六本木のミッドタウン・イーストにオフィスを移転した。感染症対策に特化しつつ円滑にコミュニケーションがとれる空間を目指した。新オフィスの仕掛けとは?(2022/3/14)

1000人に聞いた:
上司との飲み会、約80%が「好きじゃない」と回答 若者が参加したい飲み会の特徴とは
沢の鶴は若者世代の価値観とコミュニケーションに関する調査を実施した。上司との飲み会に関して、約80%が「好きじゃない」と回答。若者が参加したい飲み会の特徴は「あまりお金がかからない」。(2022/3/13)

パンデミック後のCX【後編】
SNSを生かした顧客コミュニケーション 成功業界の「うまいやり方」とは?
SNSで顧客とのつながりを維持することは重要だが、問題解決に時間がかかることは好ましくない。SNSでのコミュニケーションを手際よく効率的に進めている業界と、そうでない業界の違いとは。(2022/3/11)

優れた「フリーランスエンジニア」になるには【中編】
優秀なエンジニアが知っているCEO、COO、CIO、CFOの“頭の中”
フリーランスエンジニアが、顧客の求めているものを正しく理解し、期待に応えるためには、何をすればよいのか。より良いコミュニケーションを実現する上で知っておくべきヒントを紹介する。(2022/3/11)

酒税法改正に備える:
金麦、累計出荷本数150億本を突破 縮小する新ジャンル缶市場で勝ち抜くための戦略とは
サントリーが金麦ブランドの2022年活動方針を発表した。(1)デザイン(2)製法(3)プロモーション(4)コミュニケーションの4軸を強化する。金麦は2021年に累計出荷本数150億本を突破など好調だ。(2022/3/10)

凸版印刷 部活動からeスポーツ参入 社会人対象のeスポーツリーグを2020年に開始
長引くコロナ禍で「eスポーツ」が注目されている。遠隔で対戦もでき、社内外のコミュニケーション強化の一環として導入する企業が急増。凸版印刷でも2020年に社会人のeスポーツプレイヤーを対象としたeスポーツリーグが立ち上がった。(2022/3/4)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
ウクライナで人々を結ぶViberに驚く 数多あるメッセージアプリ、どう使い分けてる?
非常事態が続くウクライナ情勢だが、人々のコミュニケーションを支えているのがメッセージアプリ。現地では楽天が提供するViberもよく使われているサービスの一つという。数多あるメッセージアプリ、みなさんどう使い分けているのだろうか。(2022/3/1)

楽天、自社の「Viber」でウクライナ支援策を展開 三木谷氏「本当に心が痛む」
楽天の三木谷浩史氏は、自社のコミュニケーションアプリ「Viber」において、ウクライナ国内での固定電話や携帯電話への音声通話を無料で提供していると明かした。(2022/2/25)

教育機関の“校内SNS”活用【前編】
教職員と生徒間の連絡に「Talknote」を利用 聖徳学園が“国産”にこだわった理由
聖徳学園中学・高等学校は教職員と生徒、保護者間の連絡にコミュニケーションサービスの「Talknote」を採用している。Talknoteの採用に至った理由と、ITツールの普及のために同校が取り組んだ施策は。(2022/3/29)

非営利法人の代表者らに聞いた:
非営利団体がシニア人材に求める「人物像・資質」 「コミュニケーション能力」などが上位に
日本NPOセンターは、「非営利団体のシニア人材受け入れの現状と今後のニーズ」について調査を行った。シニア人材が「社会貢献事業や非営利法人の活動に参画・活躍」することを歓迎すると答えた団体は7割に上ることが分かった。(2022/2/22)

製造業メタバース:
メタバースをビジネス用途で、誰でも簡単にワールドを構築できるサービス
凸版印刷はビジネス用途向けメタバースサービス基盤「MiraVerse」を発表した。メタバース内に現実世界の色や質感を忠実に再現する“真正性”を追求するとともに、ビジネス利用に必要となる各種構成要素のデータ管理機能や改ざん対策に加え、アバターの本人認証と安全なコミュニケーションをワンストップで提供する。(2022/2/22)

PR:あの人はどこ?――オフィスのフリーアドレス化で見失う社員の“居場所” 社内交流UPの鍵は可視化と意外性だった
オフィスの在り方が問い直されている今、フリーアドレスに注目が集まっている。フリーアドレスにはオフィスコスト削減やコミュニケーションの活性化といった利点がある。一方で、誰がいつ出社しているか、どこにいるのか分からないという悩みや、感染症対策が難しくなる、いつも同じ席に座る習慣が付くなどの課題も生じる。そこで、これらの課題を解決してフリーアドレスを活用する方法やツールを紹介する。(2022/2/24)

Q&A 総務・人事の相談所:
管理職が「テレワークが続くと、部下とコミュニケーションが取れず不安に」──どうしたらいい?
テレワークを中心に働いている企業。淡々と仕事をこなす人が多く、管理職から「テレワークが続くと、社員とコミュニケーションが取れない」「一方的に話してしまうことが多く、不安になる」と相談を受けるように。こんな場合、どのような対策をすればいいのか? 人事コンサルタントが解説する。(2022/2/14)

メールセキュリティポリシーに必要なこと【前編】
「メールは危ない」と何度でも伝え続けなければいけない理由と、正しい伝え方
人々にとってメールは古くから慣れ親しんだコミュニケーションツールだ。攻撃者がメールを悪用するのも目新しいことではない。それでもメールを使った攻撃が成功し続けているのはなぜか。企業は何をすべきなのか。(2022/2/12)

Z世代の就活事情:
「TikTokがきっかけで企業に興味を持った」8割超え 実際にエントリーした割合は?
「TikTokで企業の動画を見たことがある」人は81.0%を占める。そのうち66.2%がTikTokがきっかけで企業にエントリーしたことがあると回答。企業のTikTokで見たいコンテンツは「社員のコミュニケーションの様子」「実際の仕事の様子」など。(2022/2/10)

幅広い層にアプローチ:
サントリー、「ほろよい」のコミュニケーション刷新 コロナ禍でお酒の楽しみ方が変化
「ほろよい」がコミュニケーション刷新を発表した。コロナ化で変化した酒の楽しみ方を受けて、新メッセージを訴求。新旧の名曲を組み合わせた楽曲を制作し、幅広いターゲット獲得を狙う。(2022/2/9)

ハイブリッドワークで変わるコミュニケーション手段【後編】
Zoomが「Web会議依存」からの脱却を進めなければならない理由
ハイブリッドワークが浸透する中、Zoom Video Communicationsをはじめとするベンダー各社は、コミュニケーション手段の多様化を推し進めようとしている。その背景には何があるのか。(2022/2/9)

オフィス内外を結ぶ新しいワークスタイルとは
テレワーク組と出社組を断絶する「コミュニケーション格差」を解消するには
「ハイブリッドワーク」という働き方が定着しつつある。しかしこの働き方には、オフィスの内外にいる従業員にコミュニケーションの格差が生じ、意思決定が困難になるリスクがある。こうした課題を解決し、快適な共同作業を実現するには。(2022/2/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下とのコミュニケーションが下手な上司がやっている勘違い
自分の考えをそのまま伝えても、相手にはなかなか伝わらない。そこがコミュニケーションの難しいところ。上司がスキルとして持っておきたいのが「伝わる技術」。(2022/2/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。