インタビュー
» 2016年04月20日 08時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(軽く感じる公演):重くなったのに、なぜ軽く感じるのか 売り子が背負うビールサーバー (3/6)

[土肥義則,ITmedia]

重心を後ろから前に、下から上に

デサント: 20キロほどあるサーバーを軽く感じさせるのにはどうすればいいのか。カラダに対する負担を軽減するにはどうすればいいのか。サーバーの構造を分析したり、関係者に話を聞いたりしたところ、2代目のサーバーは肩への負荷が強いことが分かってきました。

 肩への負荷を軽減するのにどうすればいいのか。サーバーの重さを軽くすることには着目せず、重心を後ろから前に、下から上にもってくるようにしました。

土肥: 重心を変える? どういう意味でしょうか?

デサント: 2代目のサーバーをさまざまな角度から分析したところ、重心が腰よりも下に位置していることが分かってきました。腰よりも下にあるということは、人はどうしても後ろに引っ張られてしまう。ということは、真っすぐ立つことが難しく、真っすぐ立とうとするチカラが必要になる。つまり、前傾姿勢になってしまうんですよね。この前傾姿勢というのは、人にとってものすごく負荷がかかるんですよ。

 では、どうすればいいのか。下にさがっている重心を上げて、さらにサーバーをカラダに密着させることが重要。そうすれば、“軽く感じことができる”という仮説を立てました。

土肥: 2代目のサーバーより重くても、重心を変えるだけで軽く感じると?

yd_asahi2.jpg 3代目を開発するにあたって重心に着目した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間