インタビュー
» 2016年08月24日 06時00分 公開

“手先が伸びて縮むだけ”のロボットが、「在庫ゼロ」になるほど売れている理由水曜インタビュー劇場(ロボット公演)(7/7 ページ)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

圧倒的な技術力で差をつける

将来、工場でこのようなロボットはなくなるかもしれない

土肥: 日本が成長していく方法として、成功事例を海外に輸出する方法があります。ただ、「コロのようなロボットにニーズがある」ということが分かると、同じようなロボットが登場するのではないでしょうか。そうなると、厳しい状況になるのでは? 家電メーカーのテレビのように。

尹: コロを開発するにあたって、さまざまな特許を取得しましたが、それでもコピー商品は出てくるでしょう。でも、こちらも目をつぶって寝ているわけではありません。他社よりももっと優れた技術を開発して、この分野でどんどん先行していくつもりです。

土肥: ふむ。これまでのロボットにコロの技術がくっつく……という可能性もあるわけですね。本日はありがとうございました。

(終わり)

連載が本になりました!:

 連載「仕事をしたら○○が見えてきた」が、『ササる戦略』(三才ブックス)というタイトルで書籍化されました。

 「なぜミニストップのソフトクリームは真似されないのか?」「50年以上前に発売された『スーパーカブ』が、いまも売れている理由」など、業界が注目する12社から“ヒットの法則”を紹介しています。

 ビジネス書が苦手……という人でも大丈夫。商品を開発した人はどのような苦労があったのか。その商品を売る人はどのような工夫をしたのか。マーケティングや消費者の行動などを分かりやすく解説していますので、オススメの1冊です!

 →『ササる戦略』(Kindle版


前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -