ニュース
» 2018年03月16日 18時18分 公開

誰が飲んでいるのか?:ハンバーガーチェーンで「ちょい飲み」が増えている理由 (2/2)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

モスバーガーもアルコールを提供

 モスバーガーでは17年6月から「モスバル」というちょい飲みサービスを始めた。午前10時30分から缶ビールを提供する。ハンバーガーとポテトのセットにプラス140円でビールに変更できる。午後3時からはチリポテトやグリルドソーセージといったおつまみを290円で提供する。全店舗数の1割強にあたる173店でモスバルを導入している。

 モスバーガーを運営するモスフードサービスの広報担当者によると、もともと実験的に数店舗でアルコールを販売していたが、利用者の多様なニーズに応えるために本格的にサービスを開始したという。店舗立地や客層によってはアルコールのニーズがあると判断したためだ。平日は30〜40代の女性会社員、休日は家族連れで来店した父親が1杯飲むというパターンが多い。「現時点では業績に影響を与えるほどの売り上げはないが、顧客の認知が高まってきたらサービス拡大も検討している」(広報担当者)という。

 モスバーガーは女性の利用客が多い。ファーストキッチンと同様、仕事帰りに1人で軽く飲みたいというニーズを満たしているようだ。

photo モスバーガーで午後3時以降に提供されるバルフード

 フレッシュネスバーガーは15年1月から「FRESHNESS BAR(フレバル)」というちょい飲みサービスを試験的に開始した。午後4時以降に300〜500円代のおつまみを中心に提供する。現在では全168店のうち50店弱に導入している。主に、20〜30代の女性会社員や30〜50代の男性会社員が利用している。フレッシュネスの広報担当者は「フレバル導入により、新しいお客様が増えた。売り上げが好調に推移しているので、今後も拡大する予定だ」と説明する。

 これまで紹介した3社に共通するのは、ちょい飲みが20〜40代の働く女性に支持されていることだ。女性1人では吉野家や日高屋に入りにくいが、ハンバーガー店なら安心して飲めるということだろう。ハンバーガーチェーンは1人でちょい飲みしたい女性の需要を掘り起こしたといえそうだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間