連載
» 2018年09月26日 10時54分 公開

赤坂8丁目発 スポーツ246:“追放”されても貴乃花親方VS. 日本相撲協会の土俵外バトルはエンドレス (4/4)

[臼北信行,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

土俵外のガチンコ勝負

 新たな相撲団体設立について、貴乃花親方は会見できっぱりと否定した。かなり難しい荒唐無稽の筋道であることは承知しているが、筆者は心のどこかで「土俵際での猫騙し」を期待している。「住まいでもあります部屋に、土俵はある。できる限り、土俵は存続のままでいきたい」とも語った貴乃花親方の言葉にヒントが隠され、志半ばで離れていった弟子たちと何らかの形で再び顔を合わせる日が来れば「ああ、このためのクーデターだったのか」と多少は我々の留飲が下がるのではないのだろうか。

 いずれにしても協会、そして貴乃花親方の両者が感情のもつれから“ケンカ別れ”してしまったことは大相撲の長い歴史において最大級の汚点。相撲人気に水を刺すような騒動で大きなダメージを受けた協会は、どのようにして「クリーン」ぶりをアピールしていくのか。そしてこのまま黙っているとは思えない貴乃花親方、いや花田光司氏の「次なる一手」は一体何なのか。まだ両者の土俵外におけるガチンコ勝負の行方は先が見えない。

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2017年第4回まで全大会)やサッカーW杯(1998年フランス、2002年日韓共催、2006年ドイツ、2010年南アフリカ、2016年ブラジル)、五輪(2004年アテネ、2008年北京、2017年リオ、2018年平昌)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -