ニュース
» 2018年11月05日 14時19分 公開

客足を回復させられるか:「いきなり!ステーキ」がいきなりギネス達成 24時間で1734食を提供 (1/2)

いきなり!ステーキがギネス世界記録を達成した。チャレンジタイトルは「レストランにて24時間で販売されたビーフステーキ最多食数」で、1734食を提供した。客足を回復させるきっかけになるか

[昆清徳,ITmedia]

 「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは、「レストランにて24時間で販売されたビーフステーキ最多食数」というチャレンジタイトルで、ギネス世界記録を達成したと発表した。2018年11月3日の午前11時から、「いきなり!ステーキ品川シーサイドフォレスト店」(東京都品川区)にてチャレンジを開始し、1734食を提供したという。

 11月3日の午前11時には品川シーサイドフォレスト店の前に200人以上の行列ができた。当日、あいにくの雨模様ではあったが、勢いを持続させて記録を達成した。なお、「ワールドレコード達成キャンペーン」を11月6〜30日にかけて実施するという。

photo チャレンジ当日の様子(出所:同社リリース)

話題作りで勢いを維持できるか

 いきなり!ステーキは店舗数を急激に伸ばしている。2013年に1号店を開店して以来、わずか5年足らずで国内の店舗数は300店を超えるまでになった。全国制覇も目前で、これまで“空白県”だった鳥取や青森にも相次いで出店。7月にオープンした「いきなり!ステーキイオンモール日吉津店」(鳥取県西伯郡日吉津村)では、列の先頭が見えないほどの行列ができた。

 進出していないのは秋田県のみだが、11月30日にオープン予定となっている。また、海外進出も進めており、最近は米国出店が話題となった。

 当初、いきなり!ステーキは都内の路面店を中心に店舗数を増やしてきた。比較的狭い店舗で、忙しいビジネスパーソンを相手に「低単価、高回転」のビジネスモデルで成長してきた。ただ、近年は多店舗展開を進めるにあたって、ロードサイドへの出店を重点的に進めてきた。18年12月期上期には商業施設内店舗を20店、路面店舗を11店オープンしたのに対し、ロードサイド型の店舗は一気に62店舗も増やした。

 ロードサイド型店舗では、ファミリー層を取り込むために、立ち食いの席は大幅に減らし、ほとんどの店舗で全席椅子席を用意している。

photo 出店当初、長い行列ができた「いきなり!ステーキイオンモール日吉津店」(出所:同社リリース)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -