ニュース
» 2018年11月05日 14時19分 公開

客足を回復させられるか:「いきなり!ステーキ」がいきなりギネス達成 24時間で1734食を提供 (2/2)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

力強い再成長ができるか?

 膨張を続けるいきなり!ステーキだが、成長が鈍化していると指摘する声もある。実際、既存店の客数と売上高は18年4月から6月まで前年同月比マイナスの状況が続いた。全国津々浦々まで店舗が広まったことで、「物珍しさ」から来店するお客の数が今後減っていく可能性もある。

 ペッパーフードサービスはいきなり!ステーキ事業を再成長させるために、さまざまな施策を打ち出している。例えば、「300号店達成キャンペーン」として8月6日から3日間限定でワイルドステーキ(300グラム)を1000円(税込)で販売した。また、デリバリーも開始しており、六本木店(東京都港区)と立川北口店(東京都立川市)の2店舗を軸に取り扱い店舗の拡大を図るとしている。

 今回のギネス世界記録チャレンジは、話題を喚起することで、離れつつあるお客の来店動機を高める狙いもあるとみられる。11月6日からのキャンペーンで、客足を取り戻すきっかけをつかむことはできるだろうか。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ