ニュース
» 2018年12月26日 12時32分 公開

リブセンス調べ:年収を上げたいエンジニアが習得しておきたいプログラミング言語は?

いま転職を考えているエンジニアが習得しておきたいプログラミング言語は? 人材サービスなどを提供するリブセンスがプログラミング言語別の市場動向を発表した。

[ITmedia]

 「もっと給料を上げたい!」――。いま転職を考えているエンジニアが習得しておきたいプログラミング言語は? 人材サービスなどを提供するリブセンスが2018年のプログラミング言語別の市場動向を発表した。

 同社が運営するITエンジニア限定の競争入札型転職サイト「転職ドラフト」で18年に行われた指名(スカウト)6536件を対象に、現場で使われているプログラミング言語の経験者人数、スカウトに対する提示年収についての平均値を集計した。

18年の転職ドラフトにおけるプログラミング言語ごとのスカウト数 18年の転職ドラフトにおけるプログラミング言語ごとのスカウト数

 それによると、最もスカウトが多かったプログラム言語は動的なWebサイト構築などに使われるJavaScriptで510件。以下、Java(411件)、PHP(384件)、Ruby(294件)、Node.js(238件)、Python(230件)と続いた。

 プログラミング言語ごとのエンジニアのスカウト金額に関しては、1位がScalaで678万円、2位がGoで667万円、Perlが663万円で3位だった。Scalaは開発生産性を高める簡潔な表記が可能で、TwitterやLinkedInなどのサービスでも利用されている。

プログラミング言語ごとの平均スカウト金額 プログラミング言語ごとの平均スカウト金額

 ScalaやGoを習得している現場のエンジニアはまだ少なく、今後も年収が高まる傾向にあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.