ニュース
» 2019年02月15日 18時20分 公開

パーソル総研調べ:副業解禁すると本業の会社もハッピーに!? 意外な効能、人事調査で判明 (1/2)

パーソル総合研究所が副業に対する企業人事の意識を調査。副業を許可したことで従業員の定着率やスキルなどが上がる結果に。

[服部良祐,ITmedia]

 政府による働き方改革推進の旗振りを背景に、副業解禁の流れが加速している。一方、企業側からは、過重労働や本業がおろそかになる点を懸念する声も少なくない。だが、パーソル総合研究所(東京都港区)が企業の人事担当者に対して副業についての実態や意識を調査したところ、「従業員に副業を許可することで会社側もメリットを感じている」というちょっと意外な傾向が明らかになった。

photo 副業を許可すると会社にもメリットが!?(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

 調査は同研究所が2018年10月に企業の人事担当者にWeb上で実施した。まず、従業員10人以上の企業に勤務する人事担当者約1600人に副業の許可状況を聞いたところ「全面的に許可」が13.9%、「条件付き許可」が36.1%となった。一方で「全面的に禁止」は50%と、許可・禁止で半々という結果になった。

photo 人事に聞いた副業の許可状況(パーソル総合研究所調べ)

 副業を許可している企業の人事約200人に許可し始めた時期を聞いたところ、「ここ3年以内」が52%と過半数を占めた。同研究所の担当者は「厚生労働省が2018年に行ったモデル就業規則の改定などで許可の動きが特に最近、広がっている」とみる。

photo 人事に聞いた副業の許可開始時期(パーソル総合研究所調べ)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間