ニュース
» 2019年04月19日 16時10分 公開

モバイルワークの印刷を支援:持ち運んで使えるバッテリー内蔵モバイルA4プリンタ 税別2万7980円でエプソンが発売

[ITmedia]

 エプソンは4月19日、モバイルプリンタの新製品として「PX-S06」を発表した。直販サイトのエプソンダイレクトショップ価格は2万7980円(税別)。5月17日に発売する。

 オフィス外での印刷を想定した製品で、軽量かつコンパクトなボディーやバッテリー動作を実現しているのが特徴。従来モデルのPX-S05と比べて、無線LANが5GHz帯に対応した他、設定済みの無線LANに自動で接続できるようになった(SSIDは最大100件登録可能)。また、オプションの外付けバッテリー(税別9980円)を装着できる仕様に改良され、バッテリー駆動時の印刷可能枚数が最大410枚まで増加した(内蔵バッテリーのみで約50枚)。

PX-S06B(ブラックモデル)

 インクは耐水性に優れた顔料インクを採用する。印刷速度はACアダプター駆動時でカラーが4ipm、モノクロが7ipm、バッテリー駆動時でカラーが2ipm、モノクロが3.5ipm(外付けバッテリー駆動時はACアダプター駆動時と同様)、最大給紙容量は20枚だ。出先のPCを使って印刷する際に便利な簡易ドライバを本体に内蔵する。本体サイズは約309(幅)×159(奥行き)×61(高さ)ミリ、重量は約1.7キロ。

持ち運びやすい軽量コンパクトボディー。使わないときは机の引き出しに収納できる
カフェやクリニックのカウンターなどにマッチしやすいホワイトモデル(PX-S06B)もある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -