ニュース
» 2019年04月09日 16時13分 公開

オフィスや店舗の業務に:スライドさせるだけで印刷できるハンディプリンタ、リコーが発表 段ボールや上履きにも印字可能

リコーがハンディタイプのインクジェットプリンタ「RICOH Handy Printer」を4月17日に発売すると発表した。印刷したいものの上でスライドするだけでプリントできる。

[ITmedia]

 リコーはこのほど、印刷したいものの上でスライドすると文字や画像、バーコードなどをプリントできるハンディプリンタ「RICOH Handy Printer」を4月17日に発売すると発表した。本体を持って動かすだけで、「段ボールの側面にバーコードを入れる」「伝票に住所を記載する」「子供の上履きに名前を書く」といったことが可能になる。販売価格は約5万円(税別)となる見込み。2年間で2万台の販売を目指す。

photo 使用例(リコーがYouTubeで公開している動画より)
photo (同上)

 オフィスや店舗、工場など、さまざまな場所で業務に役立つプリンタを目指して開発。普通のプリンタでは印刷できないものや印刷設定が面倒なものでも、本体を動かすだけで印刷できるようにした。内蔵バッテリーで連続2時間ほど使用可能。文字だけでなく、画像、バーコード、QRコードもモノクロで印刷できる。

photo 利用シーンの例(製品ページより)

 印刷データは、PCやスマートフォン向けの無料アプリからBluetoothまたはUSB接続で取り込み、本体底部にあるインクジェットヘッドからプリントする。アプリはまず5月にWindowsとAndroid向けに提供を始め、その後iOS版も提供予定。

 本体サイズは46(幅)×121(奥行き)×81(高さ)ミリで、重さ(インクカートリッジを含む)は315グラム。

photo 「RICOH Handy Printer」(プレスリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.