ニュース
» 2019年05月09日 13時00分 公開

特定業務向けプリンタ市場の攻略を目指すキヤノン クラス最小サイズの高速A3カラーレーザープリンタなど15モデル

[ITmedia]

 キヤノンは5月9日、法人向けビジネスプリンタ・複合機15モデルを発表、5月16日に発売する。国内レーザープリンタの市場規模は微減傾向が続いているが、今回投入する新商品によって、リコーなどが先行する流通、小売、医療といった特定業務市場でのシェア拡大を目指す。カウンター業務に適したボディーのコンパクト化や、簡単にポスター・POPを作成できる各種ソフトウェアとの連携機能がポイントだ。

A3カラーレーザープリンタ「LBP853Ci」(右)

 A3カラーレーザープリンタ「LBP850」シリーズは、46ipm(image per second)の高速印刷機「LBP853Ci」と、36ipmの「LBP852Ci」および「LBP851C」の3モデルで構成される。LBP853Ciは毎分40枚(A4片面)以上の高速印刷が可能なA3カラーレザーではクラス最小(2019年5月8日現在、キヤノン調べ)。

 また、新たに5段カセット給紙に対応した他、POP・ポスター制作システム「ポップエース」との連携機能や、POP印刷最適化モードを搭載するなど、幅広い用紙サイズの薬袋が使われている医療調剤業務や小売業務を効率化する機能強化が図られている。参考価格はLBP853Ciが31万8000円、LBP852Ciが21万8000円、LBP851Cが16万8000円(全て税別)。

最大給紙容量3320枚の5段カセット給紙が可能。医療機関の薬袋はA5、B5、A5、特殊サイズなど幅広い用紙サイズが使われているが、複数の用紙を収納して入れ替えなしに印刷できるため調剤業務を効率化できる
本部で制作したPOPをデータで配信し、店舗で出力して利用できる「ポップエース」のデモ
「ポップエース」では異なるサイズのPOPを1枚にまとめてプリントできる。B6ハーフサイズのポップ出力にも対応

 この他、A4カラーレーザープリンタ「LBP660/LBP620」シリーズが5モデル、A4カラー複合機「MF740/MF640」シリーズが5モデル、A4モノクロレーザープリンタ「LBP160」シリーズ2モデルが投入される。

 なお、LBP160シリーズを除く13モデルは、プリンタの稼働状況をキヤノンの専任オペーレータ−がネットワーク経由でモニタリングし、消耗品の配送や故障時の復旧サポートを行う保守サービス「NETEYE」を利用できる。

その他のモデル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business Days

- PR -