連載
» 2019年08月15日 07時00分 公開

世界を読み解くニュース・サロン:仕事中の「30分の昼寝」で、パフォーマンスはどれほど変わるのか (1/4)

「昼寝」の重要性が見直されている。仕事のパフォーマンス向上や、勉強、長時間の運転にも効果的だとされる。睡眠時間がとにかく短い日本でも、企業などで昼寝を取り入れるケースが出てきた。導入を考えてみてはどうだろうか。

[山田敏弘,ITmedia]

 お盆休み真っただ中の日本。1週間ほどの休みを満喫している人も多いだろう。

 筆者は以前、大型連休の際に、日本を訪問していた外国人たちと少しばかり国内旅行を楽しんだことがある。その中の1人、医師であり弁護士でもある知人は、旅行中も時間をとっては仕事関係のレポートを読み続けていた。彼いわく、それが日常であるという。そんな彼にどうしたらそれほどの情報を吸収できるのかと尋ねてみた。

 彼は根本的に勉強が好きだと言いながら、「昼寝は大事だね」と言っていた。できる限り、昼寝はとるようにしているという。

 そこで、お盆といっても休みはないというビジネスパーソンや、旅行や帰省先から自宅に戻る人たちなど、皆さんに「昼寝」の重要性についてあらためて知ってもらいたい。

photo 「昼寝」は仕事の効率向上につながるとされる。その重要性とは……(写真提供:ゲッティイメージズ)

 日本でもその利点は話題になってきたが、海外でも同じだ。「Nap」つまり、昼寝をすることのベネフィットについては、世界的にも広く語られている。仕事の効率だけでなく、勉強や長時間の運転のような日常の動作まで、昼寝がいかに有効なのか考察してみよう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.