ニュース
» 2019年10月31日 08時48分 公開

2019年9月期決算発表:Abema TV、2019年9月期は過去最高の視聴者数獲得 最も見られた番組は? (1/2)

サイバーエージェントは10月30日、2019年9月期の決算発表を行った。連結売上高は過去最高を更新し、4536億円となった。また、Abema TVでは過去最高の視聴者数を獲得。本業であるインターネット広告事業では景況感の見通しが不安な現状を踏まえ、今期は成長を続けるAbema TVでの変革を掲げた。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 サイバーエージェントは10月30日、2019年9月期の決算発表を行った。連結売上高は過去最高を更新し、4536億円となった。また、Abema TVでは過去最高の視聴者数を獲得。本業であるインターネット広告事業では景況感の見通しが不安な現状を踏まえ、今期は成長を続けるAbema TVでの変革を掲げた。

サイバーエージェントの藤田晋社長

 19年9月期は、連結売上高が4536億円と前期比8.1%増。営業利益は308億円で、Abema TV事業における203億円の赤字が響いた。ただ、Abema TVの赤字幅は年々減少傾向にあり、「20年9月期では170〜180億円くらいまで赤字額を圧縮したい」と藤田晋社長は話した。

 主要事業のインターネット広告事業では、売上高が前期比8.4%増の2602億円へ増加したが、営業利益は前期から減少。「肌感覚では、業界全体であまり良くない」(藤田社長)とされる同分野では19年9月期、新規顧客の開拓を行った。また、コンテンツの内製化を進めるための投資も行っており、今期はクオリティーコントロールを実現しながら新規顧客の取扱高の増加を狙っている。

今後の広告事業の方針

 今や同社の旗艦事業ともなりつつあるAbema TVでは、「視聴者数」ともいえる、1週間当たりのアクティブユーザー数(WAU)が初めて1000万を突破。「Abema TVの開局以来、1000万WAUを目標に掲げてきた。毎年200億円規模で投資をしている事業なので、これくらいの規模にできないと意味がない」と藤田社長が話す通り、1つの節目を迎えた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間