ニュース
» 2019年10月31日 18時21分 公開

多様化するキャリア設計:「転職が前提」ではないキャリア相談、パーソルキャリアが開始 B2Cでもコーチングは広がるか (1/2)

総合人材サービスを手掛けるパーソルキャリアは10月31日、展開しているハイクラス人材向けプラットフォーム「iX」において、キャリア相談に関するサービス「クラウドキャリアコーチ」を開始した。1回30分程度の電話によるコーチングを4回、1万9800円(税別)で提供する。「転職」を前提とせずにコーチングすることで、キャリアに関する幅広い選択肢をユーザーに提供する狙いがある。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 総合人材サービスを手掛けるパーソルキャリアは10月31日、キャリア相談に関するサービス「クラウドキャリアコーチ」を開始した。1回30分程度の電話によるコーチングを4回、1万9800円(税別)で提供する。「転職」を前提とせずにコーチングすることで、キャリアに関する幅広い選択肢をユーザーに提供する狙いがある。

コーチングは電話で行う。発表会ではデモも行われた

 サービスは、同社が展開しているハイクラス人材向けプラットフォーム「iX」で提供。ターゲットとする「ハイクラス人材」は、単に「役職が高い」や「年収が高い」という条件ではなく、キャリアを戦略的に築くことを目指す人全般を指すという。

 終身雇用制度や新卒一括採用といった、日本企業の慣習的制度が変革を迫られる中、1人1人が描くべきキャリアの像が変化し始めている。かつては新卒で入った会社に定年まで勤め上げるのが一般的だった。しかし、現在では転職や独立などを視野に入れた戦略的なキャリア設計の必要性が高まっている。一方、自らのキャリアを考えたときに、どのようにすれば良いのか悩む人も多い。クラウドキャリアコーチは、こうした人に対してコーチングを提供することで、キャリア構築を支援したい考えだ。

キャリア設計にさまざまな選択肢が

 事業担当者である清水宏昭iX統括編集長は「コーチングは、カウンセリングやコンサルティングと違う」と話す。一般的に、カウンセリングは問題となっている事柄の原因を見つけることが目的とされる。また、コンサルティングは外部から専門家の視点を生かし、アドバイスをすることがメインだ。

コーチングとカウンセリング、コンサルティングの違い

 コーチングは、コーチがユーザーに質問を投げかけることで、自発的に課題に気付いたり、解決方法を見つけたりすることを助ける。日本ではまだ一般的ではなく市場規模も300〜500億円程度だというが、「1on1」という、上司と部下の意思疎通を行う制度として広まりつつある。より先進的な米国では、仕事に関することだけでなく、人生全般や恋愛に関する事柄などでもコーチングを受ける人も多いという。

 なお、クラウドキャリアコーチでは、企業向けに1on1のコーチングサービスを展開しているエール(東京都品川区)と連携。コーチング自体は、エールに登録しているコーチ陣が行う。ユーザーとコーチの相性も重要だとされ、マッチングは人工知能を用いて行われるという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間